• 用語解説
  • マイページ
  • ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ここから本文です。

スッキリわかる知的財産権(β版)

(このコンテンツは、皆様からご意見を頂くためのβ版です。ページの見やすさ、使いやすさ、内容に関するご意見がございましたら、ページ下部の「お問い合わせフォーム」より、ご意見を頂ければ幸いです。頂いたご意見について、個別にお答えすることはできませんが、コンテンツの改善に活用させて頂きます。)

本ページは、知的財産権について知りたい方や、特許・実用新案・意匠・商標(これらをまとめて「産業財産権」といいます)に関心がある方のためのページです。

質問1. 知的財産権とは?産業財産権とは?

人間の幅広い知的創造活動の成果について、一定期間の独占権を与えるようにしたのが知的財産権制度です。知的財産権は、様々な法律で保護されています。

知的財産権(産業財産権に加えた広い範囲)
産業財産権
  • ■特許権(特許法)
  • ■実用新案権(実用新案法)
  • ■意匠権(意匠法)
  • ■商標権(商標法)
  • ■著作権(著作権法)
  • ■回路配置権(半導体集積回路の回路配置法)
  • ■育成者権(種苗法)
  • ■地理的表示(地理的表示法など)
  • ■商品表示・商品形態(不正競争防止法)
  • ■商号(会社法・商法)

知的財産権のうち、特許権、実用新案権、意匠権及び商標権の4つを「産業財産権」といい、特許庁が所管しています。
産業財産権制度は、新しい技術、新しいデザイン、ネーミングやロゴマークなどについて独占権を与え、模倣防止のために保護し、研究開発へのインセンティブを付与したり、取引上の信用を維持することによって、産業の発展を図ることを目的にしています。
これらの権利を取得することによって、一定期間、新しい技術などを独占的に実施(使用)することができます。

産業財産権とは?
  • 特許権自然法則を利用した、新規かつ高度で産業上利用可能な発明を保護例/通信の高速化、携帯電話の通信方式に関する発明
  • 実用新案権物品の形状、構造、組合せに関する考案を保護例/携帯性を向上させたベルトに取付け可能なスマートフォンカバーの形状に関する考案
  • 意匠権独創的で美感を有する物品の形状、模様、色彩等のデザインを保護例/美しく握りやすい曲面が施されたスマートフォンのデザイン
  • 商標権商品・サービスを区別するために使用するマーク(文字、図形など)を保護例/電話機メーカーが自社製品を他社製品と区別するために製品などに表示するマーク

質問2. 産業財産権は役に立つ?

産業財産権、すなわち特許権、実用新案権、意匠権、商標権の利用形態として、次のものがあります。
(1)新しい技術、新しいデザイン、ネーミングやロゴマークなどを、自社製品・サービスに独占的に使用する(類似の技術、デザイン、ネーミングやロゴマークなどを使用する他社を排除する)
(2)他者に産業財産権自体を移転する(売却・譲渡等)
(3)他者に新しい技術などの実施・使用を許諾する(ライセンス)

一方、製造ノウハウなどについては、その内容が公開されてしまうことを避けるため、特許出願をあえて行わず、ノウハウとして秘匿しておく戦略もあります。

※特許出願の内容は、出願から1年6月経過後に公開されることとなっています。

産業財産権の利用形態

関連リンク

質問3. 産業財産権を取るには?

産業財産権を取るための書類や手続は、権利の種類によって異なります。

関連リンク

質問4. 産業財産権に関する手数料はいくら?

産業財産権を取ったり、権利を維持したりするために、手数料を支払う必要があります。

産業財産権を取るのに必要な手数料は、下記サイトにて計算できます。

関連リンク

質問5. 知的財産権についてどこに相談すればいい?

産業財産権に関するトラブルを防ぐには?

産業財産権を取得・活用していない場合でも、他者から権利侵害の警告を受けるなど、予期しないトラブルに巻き込まれることもあります。このような事態にも対処できるよう、普段から産業財産権を意識しておくことが重要です。
特許庁では、全国各地で無料の説明会を開催しております。また、特許庁所管の独立行政法人であるINPITでは、無料で知財に関するご相談をお受けする知財総合支援窓口を全都道府県に設けています。これらのサービスを是非ご利用ください。

関連リンク

お問い合わせ

<この記事に関すること>
特許庁総務部総務課広報室
TEL:03-3581-1101 内線2108
FAX:03-3593-2397

お問い合わせフォーム

<特許、実用新案、意匠、商標に関する一般的な相談>
(独)工業所有権情報・研修館 公報閲覧・相談部 相談担当
TEL:03-3581-1101(内線2121~2123)
FAX:03-3502-8916

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)