• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 用語解説 > に|用語解説

ここから本文です。

に|用語解説

ニース協定

標章登録のための商品及び役務の共通の分類について定めた協定。商品及び役務の国際的な統一の促進を目的とている。1957年6月15日に定められた。

ニース分類

[同義語]

国際分類

二次検索

FI・Fターム検索で得られた回答件数をさらに絞り込むための検索。

日本意匠分類

物品の用途を中心にA~Nのグループに分け、更にその下位に体系だった大分類、小分類、画像意匠分類を設け、約3200の分類肢によって構成される分類。なお、意匠分類の展開原理以外の原理によって構築される、意匠分類を補完する検索ツールとしてDタームがある。意匠分類とDタームで約5000になる。

 

協力 特許庁技術懇話会

無断転用を禁ずる

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。