• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > お知らせ > パブリックコメント > 意見提出手続 > 「期間徒過後の救済規定に係るガイドライン」の改訂(案)に対する意見募集

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

「期間徒過後の救済規定に係るガイドライン」の改訂(案)に対する意見募集

平成28年2月3日
特許庁審査業務部
審査業務課

期間徒過後の救済規定に係るガイドラインは、手続をすべき期間を徒過したことについて「正当な理由」があるときの期間徒過後の救済規定に関し、救済要件の内容、救済に係る判断の指針等を示すために作成し、公表しているものです。

今般、特許法等の一部を改正する法律(平成27年法律第55号)の施行に伴い、特許法条約及び商標法に関するシンガポール条約の実施のための規定として、国際特許出願及び国際実用新案登録出願における特許管理人の選任の届出の期間を徒過した場合の救済規定並びに後期分割登録料の追納期限を徒過した場合の救済規定が追加されることとなったため、必要な記載を追加する等の改訂を行うとともに、ユーザーフレンドリーな手続の導入及び国際的な手続き調和という同条約の目的を踏まえ、海外の事例等も参考にしつつ、出願人等の予見可能性の向上を図ることとしました。

つきましては、広く国民の皆様からの御意見をいただきたく、下記の要領にて意見募集をいたします。

1. 意見募集対象

「期間徒過後の救済規定に係るガイドライン」改訂案(PDF:1,034KB)

<参考情報>

2. 意見提出の締切日

平成28年3月3日(木)*郵送の場合は同日必着

3. 意見提出要領

御意見は理由を付して、次に掲げるいずれかの方法で提出してください。
なお、電話での意見提出は受け付けませんので、あらかじめ御了承ください。

電子メールの場合

お問い合わせフォーム
件名を「救済ガイドライン改訂(案)についての意見」と明記してください。

FAXの場合

FAX番号:03-3580-8016
特許庁審査業務部審査業務課基準班 宛
件名を「救済ガイドライン改訂(案)についての意見」と明記してください。

郵送の場合

〒100-8915
東京都千代田区霞が関3丁目4番3号
特許庁審査業務部審査業務課基準班 宛
件名を「救済ガイドライン改訂(案)についての意見」と明記してください。

4. 諸注意

  • (1)意見記入要領
    • 提出していただく御意見は日本語に限ります。
    • 氏名、連絡先(電話番号、お持ちであればFAX番号及び電子メールアドレス)、職業(又は所属団体)を必ず明記してください。御意見を十分把握するため連絡を取らせていただくこともありますので、漏れなく御記入ください。
    • 御意見の概要及び理由を御記入ください。
  • (2)その他
    • 皆様からいただいた御意見につきましては、最終的な決定における参考とさせていただきます。なお、いただいた御意見についての個別の回答はいたしかねますので、御了承ください。また、仮想事例を用いた御質問、本件救済ガイドライン(案)と関係しない御意見については、原則として回答いたしません。
    • 提出いただきました御意見につきましては、氏名、住所、電話番号、FAX番号及びメールアドレスを除き、全て公開される可能性があることを、あらかじめ御承知おきください。ただし、御意見中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別し得る記述がある場合及び個人・法人等の財産等を害するおそれがあると判断される場合には、公表の際に当該箇所を伏させていただきます。
    • 御意見に付記された氏名、連絡先等の個人情報につきましては、適正に管理し、御意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認といった、本件に対する意見公募に関する業務にのみ利用させていただきます。

[更新日 2016年2月3日]

お問い合わせ

特許庁審査業務課基準班

TEL:03-3581-1101(内線2115)

FAX:03-3580-8016

お問い合わせフォーム