• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > お知らせ > パブリックコメント > 意見提出手続 > 「平成23年改正法対応・発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための出願人の手引き」改訂案に対する意見募集

ここから本文です。

「平成23年改正法対応・発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための出願人の手引き」改訂案に対する意見募集

平成27年2月4日

特許庁

調整課

審査基準室

平成26年の法改正により、救済措置の拡充の一環として、発明の新規性喪失の例外規定(特許法第30条)に関しても整備が行われました。
これを受け、「平成23年改正法対応・発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための出願人の手引き」(以下、「出願人の手引き」という。)の改訂案を作成しましたので、以下の要領で意見募集をいたします。

1.意見募集の対象

「平成23年改正法対応・発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための出願人の手引き(案)」の改訂部分(黄色のマーカー部分)(PDF:857KB)

参考資料

2.意見提出期限

平成27年3月5日(木曜日)(必着)

3.意見提出方法

氏名(※)、連絡先、職業を明記の上、次のいずれかの方法で送付してください。

※企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名の記載をお願いいたします。

<電子メールの場合>

電子メール:お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)

件名を「出願人の手引き案への意見」と明記してください。

<FAXの場合>

FAX番号:03-3597-7755

特許庁審査第一部調整課審査基準室 宛て

件名を「出願人の手引き案への意見」と明記してください。

<郵送の場合>

〒100-8915

東京都千代田区霞が関3丁目4番3号

特許庁審査第一部調整課審査基準室 宛て

件名を「出願人の手引き案への意見」と明記してください。

4.意見提出にあたっての諸注意

以下の点について、あらかじめ御了承願います。

  • いただいた御意見については、最終的な決定における参考とさせていただくもので、個別の回答はいたしかねます。また、仮想事例を用いた御質問、今回の改訂内容と関係しない御意見については、原則として御回答いたしません。
  • お電話での御意見・お問い合わせはお受けしかねます。
  • 提出された御意見については、氏名、連絡先を除きすべて公開される可能性があります。ただし、御意見中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別しうる記述がある場合には、公開の際に当該箇所を伏させていただきます。
  • 御意見に付記された氏名、連絡先等の個人情報につきましては、適正に管理し、御意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認といった、本案に対する意見募集に関する業務にのみ利用させていただきます。

「出願人の手引き」の改訂案について

「特許法等の一部を改正する法律」、「特許法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令の整備等に関する省令」(平成27年4月1日施行)により、救済措置の拡充の一環として、発明の新規性喪失の例外規定の整備が行われました。具体的な改正内容は次のとおりです。

  • 特許法第30条第3項の「証明する書面」について、提出する者の責めに帰することができない理由が生じたときは、その手続期間を一定の期間に限り延長することができるものとしました(特許法第30条第4項、特許法施行規則第38条の6の3)。

このような改正の内容に適合するよう、次の事項について「出願人の手引き」の形式的な改訂を行います。

  • (1)証明する書面の提出期間
  • (2)「出願人の手引き」の中の引用条文

[更新日 2015年2月4日]

お問い合わせ

特許庁調整課審査基準室

電話:03-3581-1101 内線3112

FAX:03-3597-7755

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。