• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

模倣品・海賊版撲滅キャンペーン

クイズ 〜ニセモノを買うと「健康被害・個人情報流出・商品未着」の恐れ〜

Q1:ファッションアイテム以外にもニセモノは出回っています。それはどんな商品でしょうか?

① 化粧品 ② サプリメント ③ 医薬品 ④ ①〜③すべて 
武智
海外に行ったとき、マーケットで有名ブランドの化粧品が何種類か売られていたんだけど、メイクブラシの肌ざわりがホンモノと全然違ってたの。だからそこで売られている化粧品は全部ニセモノだろうなって思った。化粧品は正規品であっても肌に合わないことがあって気を使うのに、ニセモノなんて怖くて肌に付けられないよ・・・!
青柳
サプリも容器に入っていたらわからないよね。医薬品もそうだけど、錠剤はホントに外見じゃわからないから、よく考えるとかなり危険・・・。
田中
怖いよね!取り返しのつかないことになるかもしれないし!もし何かあっても、誰にも補償してもらえないから自己責任ってことでしょう?結果的には、被害に遭った人が泣き寝入りすることになっちゃうってことだよね・・・。

Q2:ニセモノはどこで売られていることが多いでしょう?

① ブランド専門店 ② 激安ネット通販 ③ ドラッグストア
武智
インターネットで買うときには、ニセモノが売られている可能性があるっていうことを意識しないとね。安全なお店を選ぶ確かな目を持たないといけないよ。
田中
定価からかなり値引きされた激安価格だったり、「海外より独自入荷!」とか、あえて「正規品!」とか書いてあったりするショッピングサイトも、ちゃんと調べて買わないとね。
青柳
書いてある日本語が不自然だったら疑った方がいいみたいだね!ショッピングサイトでもニセモノを出品する業者は取り締まってくれていると聞いたけど、そうじゃないところもあるから・・・。購入した商品が届かないとか、ニセモノだったっていうだけじゃなくて、入力した個人情報が抜き取られて悪用される、なんてこともあるみたい。

Q3:ニセモノ化粧品・医薬品を使った人に、どんなことが起きると思いますか?

① キレイになる・元気になる ② 何もかわらない ③ 肌が荒れたり救急車で運ばれたりした
青柳
「何もかわらない」っていうのもありそうかな。有効な成分が入っていないとかね。
田中
日本で認められていない成分とか、効能成分が規定量より多いとか、そういうニセモノもあるんだって。
武智
私はインターネットでよく買い物をするけど、ショッピングサイトの「購入した人の情報」を参考にしているよ。信頼できるお店か判断するのに、口コミはすごく参考にしてる!でも、その口コミさえウソだとしたら・・・。
青柳
それは怖いね。ちょっとでも怪しいと思ったら、疑いの目も必要だよ。問い合わせ先がケータイの電話番号とか、フリーのメールアドレスとか、そういうところもチェックポイント。「これ、怪しいなぁ」と思ったら、「絶対に買わない」を徹底しよう!
田中
「カワイイ」っていう日本語が海外ですごく流行っているけど、日本の女の子たちがニセモノを身につけていたらすごく残念だし、かわいくないよね!私たちも、お買い物する楽しみやオシャレをする楽しみをなくさないように、ホンモノを見極める目を磨いていかないとね!

ニセモノは許さない!ニセモノを『買わない宣言』しよう!
Twitterで『買わない宣言』をする
Facebookで『買わない宣言』をする
Google+で『買わない宣言』をする
LINEで『買わない宣言』をする
mixiで『買わない宣言』をする
mixiチェック