• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

模倣品・海賊版撲滅キャンペーン

キャンペーントップ > 各社の取り組み

各社の取り組み

模倣品・海賊版に対して世界中の団体・企業が取り組みを行っています。
このページでは、模倣品・海賊版を撲滅するために活動しているいくつかの団体・企業の取り組みをご紹介します。
※50音順

一般社団法人 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)

一般社団法人 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)

ホンモノ・ニセモノ体験やクイズなどを通じて著作権を学ぶイベントの実施や、著作権に関する講演会への講師の派遣や小冊子の配布、著作権侵害事件への支援やニュースリリースなど、著作権侵害防止・抑止に関する普及・啓発ならびに広報活動を行っています。

一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
著作権をマンガで学ぼう

一般社団法人 全国質屋ブランド品協会

一般社団法人 全国質屋ブランド品協会

Anti Trading Fakes(ニセモノは流通させない!)を合言葉に、中古市場から偽造品を排除し、 高い鑑定力とモラルで消費者を偽造品の被害から守るため、日々研究、情報交換を行っています。

一般社団法人 全国質屋ブランド品協会

一般社団法人 日本自動車部品工業会(JAPIA)

一般社団法人 日本自動車部品工業会(JAPIA)

日本の自動車部品メーカーが会員となり、自動車部品産業発展のために設立された機関です。模倣品に対する対策強化を推進し、模倣品の危険性や違法性を訴える活動を展開しています。

JAPIAの反模倣品活動 No Counterfeit Parts

一般社団法人 日本流通自主管理協会(AACD)

一般社団法人 日本流通自主管理協会(AACD)

並行輸入・中古市場において、会員企業が自主的に行う「ブランド品の不正商品の流通防止と排除」を通じ、安心して商品を購入できる場を提供することを目的に活動しています。シンボルマークの“天秤”が、お客様への「安心の証」となることを目指します。

一般社団法人 日本流通自主管理協会(AACD)

BSA | The Software Alliance

BSA | The Software Alliance

グローバル市場において世界のソフトウェア産業を牽引する業界団体として、著作権をはじめとする知的財産権の保護ならびに政策提言、教育啓発等を行っています。11月にリニューアルした「違法告発.com」では、気弱な主人公が職場に潜む不正コピーに立ち向かう姿を描いた連載漫画「知財xブラック」を公開中です。

BSA | The Software Alliance
違法告発.com

ヤフー株式会社

ヤフー株式会社

ヤフオク!は日本最大級のインターネットオークションサイトです。
快適に正規品を売買してもらうため、利用者に注意喚起しています。

知的財産権保護ガイド

一般社団法人 ユニオン・デ・ファブリカン

一般社団法人 ユニオン・デ・ファブリカン

フランス、日本、米国、英国、イタリア、オーストラリアなど世界各国の有名ブランドメーカー約70社が参加し、知的財産権の保護により一般消費者の利益を守ることを目的に活動しています。

一般社団法人 ユニオン・デ・ファブリカン

ニセモノは許さない!ニセモノを『買わない宣言』しよう!
Twitterで『買わない宣言』をする
Facebookで『買わない宣言』をする
Google+で『買わない宣言』をする
LINEで『買わない宣言』をする
mixiで『買わない宣言』をする
mixiチェック