• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

模倣品・海賊版撲滅キャンペーン

キャンペーントップ > 悪徳業者の手口と対策 > 悪質業者の手口と対策 〜オークションサイト〜

覚えておいて損はなし!
Webサイトタイプ別

悪質業者の手口と対策
〜オークションサイト〜

  • mixiチェック

オークションサイトフリーマーケットサイトでの手口の傾向と対策をご紹介。

オークションサイトやフリーマーケットサイトといったWebサービスは、売り手と買い手が好きな値段で売買できる便利なサービスです。
しかし、誰でも出品・落札できることから、悪質業者による模倣品被害やトラブルが絶えないのも事実です。

また、ネット中古市場においても、同様の傾向があり、様々な手口が広がっているため、
トラブル対策となる購入時や利用時のチェックポイントをご紹介します。

オークションサイト・フリーマーケットサイトでのチェックポイント

❶ 出品者を詳しく調べる

出品者を見る

オークションサイトでは個人の出品だけでなく、企業が出品している場合もあります。しかし、中には悪質業者もおり、出品者情報が偽物の情報である場合が多いです。所在地住所を地図アプリなどで調べたりすると畑や存在しない住所であったりするため、落札前にチェックが必要です。また、連絡先が無料のメールアドレスの企業は、注意が必要です。

落札者のレビューや評価を見る

オークションサイトやフリーマーケットサイトでの落札後のトラブルを避けるには、落札前に他のユーザーによる出品者の評価も参考にしましょう。評価が低い出品者からの購入はトラブルになる場合があり、過去に偽物を出品している可能性もあります。

決済方法や出品情報を詳しく読む

偽物トラブルに発展するケースとして、決済方法が現金振込(銀行振込)だけの場合には注意が必要です。安心できないような決済方法では落札しないようにして下さい。また、ノークレームノーリターンと記載がある場合は、落札・購入者が合意したものとみなされ返品できなくなる可能性もあるため、必ず出品写真や出品情報をよく確認してから決済に進んでください。

❷ 正規品についてよく知る

安過ぎる価格では買わない

購入を考えている商品は、正規価格をしっかり把握しておきましょう。他の出品商品より安い場合がありますが、相場を把握し、極端に安いものは偽物である可能性が高いため、手を出さないなど、十分気を付けましょう。

正規品のデザインやラインナップを知る

オークションサイトやフリーマーケットサイトで「非売品」「ノベルティ」「コラボ商品」などの謳い文句で、 見たことのない色や形のラインナップを見かけることもありますが、本物であることが確認できないような商品は、 偽物である可能性を疑ってください。

シリアルナンバーを見る

限定品や家電製品などの正規品にはシリアルナンバーが入っている商品があります。ナンバーの付け方も偽物と正規品では異なる場合がありますので、出品者へ問い合わせてみるのも良いでしょう。

その他サイトでのチェックポイントを紹介

©石森プロ・東映 ©studio crocodile