• 用語解説

ホーム> お知らせ> 最近の動き> 2019年2月> 世耕大臣とガリWIPO事務局長との会談が行われました

ここから本文です。

世耕大臣とガリWIPO事務局長との会談が行われました

2月14日、世界知的所有権機関(WIPO)のフランシス・ガリ(Francis Gurry)事務局長が、経済産業省を訪問し、世耕大臣と会談しました。

会談では、ガリ事務局長から、2025年の大阪・関西万博の開催が決定したことに祝意が示されるとともに、大阪・関西万博において、WIPOは、日本国特許庁(JPO)とともに万博に協力していきたいとの提案がなされました。これを受けて、世耕大臣は、この提案に歓迎の意を表明しました。

「世耕経済産業大臣が世界知的所有権機関のガリ事務局長と会談を行いました」(経済産業省のページへ)

この会談に先立ち、2月13日、ガリ事務局長は宗像長官と特許庁で会談し、ジャパンファンドによる途上国協力活動、IT分野の協力、国際的な知財制度の発展について意見交換を行いました。

 

(写真1)左から、ガリWIPO事務局長、世耕経済産業大臣
左から、ガリWIPO事務局長、世耕経済産業大臣

(写真2)左手前から2番目:ガリWIPO事務局長、右手前:宗像特許庁長官、右手前から2番目:世耕経済産業大臣
左手前から2番目:ガリWIPO事務局長、右手前:宗像特許庁長官、右手前から2番目:世耕経済産業大臣

(写真3)特許庁での会談(左から、ガリWIPO事務局長、宗像特許庁長官)
特許庁での会談
(左から、ガリWIPO事務局長、宗像特許庁長官)

[更新日 2019年2月18日]