• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 国際出願 > 【意匠の国際出願】ハーグ協定のジュネーブ改正協定に基づく国際出願に関して > WIPOからの重要なお知らせ > ハーグ協定の1999年改正協定第17条(3)(c)及び共通規則第36規則(2)に基づく宣言:アルバニア(参考訳)

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

ハーグ協定の1999年改正協定第17条(3)(c)及び共通規則第36規則(2)に基づく宣言:アルバニア(参考訳)

2017年10月11日、世界知的所有権機関(WIPO)事務局長は、アルバニア工業所有権局(GDIP)から、意匠の国際登録に関するハーグ協定のジュネーブ(1999年)改正協定第17条(3)(c)並びにハーグ協定の1999年改正協定及び1960年改正協定に基づく共通規則第36規則(2)に基づき、アルバニアの法律により工業意匠には最長25年間の保護期間が与えられる旨の宣言を受領しました。

2017年11月10日


原文:Declaration made under Article 17(3)(c) of the 1999 Act and Rule 36(2) of the Common Regulations: Albania (HAGUE/2017/2)

参照:WIPO Hague Information Notices(外部サイトへリンク)

[更新日 2017年11月21日]

お問い合わせ

特許庁 国際意匠・商標出願室ハーグ担当

電話:03-3581-1101 内線2683

FAX:03-3580-8033

お問い合わせフォーム