• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

1999年改正協定への加盟:ベネルクス(参考訳)

2018年9月18日、オランダ王国政府は、ハーグ協定のジュネーブ改正協定(1999年)の批准書(ヨーロッパにおけるオランダ)をWIPO事務局長に寄託しました。オランダによる批准書はベネルクス(ベルギー、ルクセンブルグ及びオランダ)により寄託された最後の批准書となりました。

1999年改正協定の締約国は58になります。1999年改正協定は、ベネルクス3国において2018年12月18日に発効します。

ベネルクス3国は、ベネルクス知的財産庁(BOIP)をベネルクス3国の共通のオフィスとする宣言をしました。これにより、ハーグ協定の出願は、ヨーロッパにおけるベルギー及びルクセンブルグの領域、そしてオランダの領域は1つの締約国とみなされます。

ベルギー、ルクセンブルグ及びオランダの企業やデザイナーはベネルクスのメンバーとして1960年改正協定への加盟に基づき1984年から、そして1999年改正協定へ欧州連合の加盟国として2008年から、工業デザインの保護のためハーグ制度を利用しています。

2018年12月18日より、1999年改正協定に基づく適格を有するハーグの出願人は、1999年改正協定に基づきベネルクスを個別に指定あるいは欧州連合全体としての指定を選択することができるようになり、出願戦略においてより柔軟な利用が可能になります。

法的内容

ベルギーによる1999年改正協定の批准書は2013年6月7日に寄託され、ルクセンブルグによる加入書は2013年9月3日に寄託されています。寄託された両方の批准書/加入書は1999年改正協定に基づく以下の宣言を含みます。

  • 第4条(1)(b) : BOIPを通じた国際出願はできない
  • 第11条(1)(a) : 公表の延期の期間は30カ月より短い
  • 第17条(3)(c) : 保護の存続期間
  • 第19条(1) : 2以上の国の共通の官庁

ハーグ制度について

ハーグ制度は、費用対効果のよい効率的な工業デザインの登録方法を提供します。1つの出願により、最大100の工業デザインを69の国や政府間機関において登録することができます。ハーグ制度を用いることにより、個々の国/地域へ出願する必要がなくなります。

1つの出願、一括手数料、単一の言語により、工業デザインの登録が簡単になりました!

2018年9月27日

●原文(英語):Benelux Become Member of the 1999 Act

●参照:WIPO Hague System News(外部サイトへリンク)

[更新日 2018年10月29日]

お問い合わせ

特許庁 国際意匠・商標出願室 ハーグ担当

電話:03-3581-1101 内線2683

FAX:03-3580-8033

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。