• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 国際出願 > 【意匠の国際出願】ハーグ協定のジュネーブ改正協定に基づく国際出願に関して > WIPOからの重要なお知らせ > ハーグ協定の1999年改正協定及び1960年改正協定に基づく共通規則第12規則(1)(c)(i)に基づく宣言の撤回:スペイン(参考訳)

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

ハーグ協定の1999年改正協定及び1960年改正協定に基づく共通規則第12規則(1)(c)(i)に基づく宣言の撤回:スペイン(参考訳)

  1. 2017年12月26日、世界知的所有権機関(WIPO)事務局長は、スペイン特許商標庁(OEPM)から、スペインはハーグ協定の1999年改正協定及び1960年改正協定に基づく共通規則第12規則(1)(c)(i)に基づき2008年1月1日に行った出願時の標準指定手数料を等級3とする宣言を撤回する旨の正式書簡を受領しました。
  2. 共通規則第12規則(1)(c)(ii)に基づき、上記の撤回は事務局長が通知を受領した1ヶ月後、すなわち2018年1月26日に発効します。この結果、当該発効日以降の国際出願におけるスペインの指定には、等級1の標準指定手数料が適用されます。

2018年1月24日

[更新日 2018年2月9日]

お問い合わせ

特許庁 国際意匠・商標出願室ハーグ担当

電話:03-3581-1101 内線2683

FAX:03-3580-8033

お問い合わせフォーム