• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 審判 > 巡回審判について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

巡回審判について

概要

審判部では、地域の中小企業等の支援を目的として、全国各地で巡回審判を行っております。巡回審判とは、特許、実用新案、意匠、商標の無効審判や商標の取消審判等の請求人や被請求人の地域に、審判合議体と審判書記官が出向き、口頭審理を行うものです。口頭審理では、当事者双方の立ち会いのもとで審判合議体と当事者とが口頭でやりとりをすることにより、的確に争点を把握・整理することが可能になります。また、書面では十分に言い尽くすことが難しい内容について、当事者双方が口頭で説明することで、審理の内容が充実し、審決に対する当事者双方の納得感の向上にもつながることが期待されます。審判制度のさらなる活用のために、巡回審判をご利用ください。

巡回審判実施まで

特許、実用新案、意匠、商標の無効審判や商標の取消審判等のうち、口頭審理が実施される事件が対象となります。巡回審判を希望する場合は、審判請求書や答弁書等において希望する旨を記載し、口頭審理実施前に、事件を担当する審判合議体又は審判書記官に伝えてください。このような巡回審判の実施要請は、担当審判書記官から期日の調整の依頼があったときに行うこともできますが、それ以前に行うこともできます。御希望の方は、以下の問い合わせ先まで、お問い合わせ下さい。

巡回審判当日

巡回審判は、請求人や被請求人等の近くの指定された会場で実施されます。基本的に特許庁審判廷で実施される口頭審理と変わりません。ただし、複数のディスプレイ等のIT機器を利用した技術説明等を行いたいときは、IT環境が整備された特許庁の16階審判廷で行うことになります。

開催実績

平成27年度の巡回先:北海道、新潟県、愛知県、大阪府、福井県、福岡県

平成26年度の巡回先:北海道、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、福岡県

[更新日 2015年12月15日]

お問い合わせ

審判課特許侵害業務室 侵害第1担当(特許の巡回審判)

電話:03-3581-1101 内線5801

審判課特許侵害業務室 侵害第3担当(意匠の巡回審判)

電話:03-3581-1101 内線3693

審判課特許侵害業務室 侵害第4担当(商標の巡回審判)

電話:03-3581-1101 内線5804

お問い合わせフォーム