• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 商標 > 制度 > 商品・役務の分類に関する情報 > 「カジノ施設の提供」を指定役務とする商標登録出願の取扱いについて

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

「カジノ施設の提供」を指定役務とする商標登録出願の取扱いについて

平成30年10月
特許庁審査業務部商標課

1. 概要

2018年7月20日、特定複合観光施設区域整備法が成立、同年7月27日に公布されました。同法の施行(公布後3年以内)により、今後、日本においてカジノ施設を提供することが認められることとなります。
これまで、ニース国際分類表の表示「第41類providing casino facilities [gambling]」(仮訳:「カジノ(賭博)の提供」)については、我が国の法律上どのような役務か明確でなかったため「*(アスタリスク)」を付し、商標法第6条第1項の拒絶の理由の対象としていましたが、上記法律の成立に伴い上記ニース表示の運用を変更することとしました。 上記法律はすでに成立しているところ、我が国の商標制度では使用予定の商標についても登録を認めているため、上記ニース国際分類表表示について版改訂のタイミング(2019年1月1日)を待つことなく、「カジノ施設の提供」の訳で商標登録出願における指定役務の表示として採択可能なものとします。

2. 類似商品・役務審査基準の適用について

「カジノ施設の提供」について、類似商品・役務審査基準に例示の概念表示「第41類 娯楽施設の提供(類似群コード:41K01)」に含まれるものと推定して審査を行います。

[更新日 2018年10月1日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部商標課商標国際分類室

電話:03-3581-1101 内線2836

FAX:03-3580-5907

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。