• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 法令・基準 > 基準・便覧・ガイドライン > 商標 > 商標法第4条第1項第17号に規定するぶどう酒又は蒸留酒の産地の指定について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

商標法第4条第1項第17号に規定するぶどう酒又は蒸留酒の産地の指定について

上記の件について、次に掲げる産地を商標法第4条第1項第17号の規定に基づく産地として指定する。

平成25年7月26日

特許庁長官 羽藤 秀雄

産地

産地

酒類

※産地を表示する標章

山梨県

ぶどう酒

山梨

※産地を表示する標章の欄に掲げた「山梨」は当該標章の例示にすぎない。

商標法(昭和34年法律第127号)第4条第1項第17号の規定に基づき、平成17年12月28日に指定された、ぶどう酒又は蒸留酒の産地の指定について、産地欄の「鹿児島県(名瀬市及び大島郡を除く)」を「鹿児島県(奄美市及び大島郡を除く)」に改め、下記の表のように改正し、平成17年8月16日の総務省告示第921号の「市町村の廃置分合」により平成18年3月20日から適用する。

平成18年3月20日

特許庁長官 中嶋 誠

産地

産地

酒類

※産地を表示する標章

鹿児島県
(奄美市及び大島郡を除く)

しょうちゅう

薩摩

※産地を表示する標章の欄に掲げた「薩摩」は当該標章の例示にすぎない。

商標法(昭和34年法律第127号)第4条第1項第17号の規定に基づき、平成7年10月3日に指定された、ぶどう酒又は蒸留酒の産地の指定について、産地欄の「長崎県壱岐郡」を「長崎県壱岐市」に改め、下記の表のように改正し、平成15年8月1日の総務省告示第488号の「市町の廃置分合」により平成16年3月1日から適用する。

平成16年3月18日

特許庁長官 今井 康夫

産地

産地

酒類

※産地を表示する標章

長崎県壱岐市

しょうちゅう

壱岐

熊本県球磨郡
人吉市

しょうちゅう

球磨

沖縄県

しょうちゅう

琉球

※産地を表示する標章の欄に掲げた「壱岐」「球磨」「琉球」は当該標章の例示にすぎない。

[更新日 2013年7月31日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部商標課商標審査基準室

電話:03-3581-1101 内線2807

FAX:03-3508-5907

お問い合わせフォーム