• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 情報公開 > 行政機関の保有する行政文書及び個人情報に係る開示手数料に関する三省共同省令の廃止及び経済産業省令の制定について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

行政機関の保有する行政文書及び個人情報に係る開示手数料に関する三省共同省令の廃止及び経済産業省令の制定について

平成25年4月

特許庁秘書課情報公開推進室

1.省令の廃止及び制定の理由

平成25年4月より、厚生労働省、農林水産省の開示手数料が納付書によらない手続となるため、三省共同(厚生労働省、農林水産省、経済産業省)の省令(納付書により手続)は廃止することとなりました。

経済産業省(特許庁)は、引き続き納付書による料金納付に変更がないため、経済産業省単独で同内容の省令を制定することとしました。

2.施行日

平成25年4月1日

[更新日 2013年4月1日]

お問い合わせ

特許庁秘書課情報公開推進室

電話:03-3581-1101 内線2767

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。