• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ここから本文です。

クレーン

1 作業性の向上

1-1 管理システム

1-1-1 生産・物流管理システム

1-1-2 稼動実績管理システム

1-2 荷振れ防止

1-2-1 制御による荷振れ防止

1-2-2 吊具による荷振れ防止

1-2-3 クレーン本体による荷振れ防止

1-3 自動化

1-3-1 自動化・省力化

1-3-2 位置制御

1-3-3 遠隔操縦

1-3-4 吊具の自動化

1-3-5 吊荷の検出用センサ

1-3-6 信号、電力伝送

1-4 高機能化

1-4-1 速度制御性

1-4-2 操作性

1-4-3 多機能化

1-4-4 小型・軽量・簡便化

1-4-5 移動性の向上

1-4-6 高能率・高機能

2 安全性の向上

2-1 安全管理

2-1-1 リスクの事前評価

2-1-2 クレーン作業者の教育システム

2-1-3 クレーン作業者の負荷低減

2-1-4 安全管理支援システム

2-1-4-1 事故事例データベース

2-1-5 安全管理区域の設定

2-2 安全のための制御

2-2-1 複数クレーンの干渉防止

2-2-2 障害物の回避

2-2-2-1 タワークレーン自動運転システム

2-3 異常時の機械停止装置

2-3-1 過負荷防止装置

2-3-2 モーメント制限装置

2-3-3 衝突防止装置

2-3-4 その他の安全装置、センサ

2-4 機械的保護設備

2-4-1 逸走、落下防止

2-4-2 転倒防止

2-5 電磁気災害防止対策

2-5-1 短絡・感電防止

2-5-2 電磁障害防止

2-6 作業者の保護

2-6-1 人検知保護設備

2-6-2 人検知センサおよび監視装置

2-7 自然災害による破損防止

2-7-1 地震対策

2-7-2 風対策

2-7-3 落雷対策

2-7-3-1 タワークレーンの落雷対策

3 保全性の向上

3-1 保全管理システム

3-1-1 設備モニタリング

3-1-2 設備管理システム

3-2 保全作業負荷の低減

3-2-1 設備の長寿命化

3-2-2 保全作業の容易化

4 環境負荷の低減

4-1 クレーン本体での対策

4-1-1 騒音対策

4-1-2 異物落下防止

4-2 クレーン作業に伴う発塵対策

4-2-1 飛散防止

4-2-2 運転者の保護

4-2-2-1 クリーンオペレーションルームによる運転者の保護

[更新日 2005年3月25日]

お問い合わせ

特許庁総務部企画調査課技術動向班

電話:03-3581-1101 内線2155

FAX:03-3580-5741

E-mail:PA0930@jpo.go.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。