• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 資料・統計 > 刊行物・報告書 > 標準技術集 > 半導体IP(Intellectual Property)関連技術 > 半導体IP(Intellectual Property)関連技術/3-8-5 インターフェース・コントローラ

ここから本文です。

半導体IP(Intellectual Property)関連技術/3-8-5 インターフェース・コントローラ

技術分類

3-8-5 インターフェース・コントローラ

技術名称

フロッピー・ディスク・コントローラ

技術内容

(1)特徴

  • インテル82078SLにソフトウェア・コンパチブル
  • IBMシステム3740、システム34、ISO、垂直記録フォーマット
  • 最高2Mbpsのデータ・レート(テープ・モードにおいて)
  • 256トラックの直接アドレシング
  • 255ステップの、再調整命令
  • プログラム可能な書き込みプレコンペンセーション
  • PC AT、Model 30とPS/2モード
  • 16バイトのFIFO
  • 強化されたパワー・セービング機能
  • 統合化されたデータセパレーター
  • 完全にシンセサイザブル

(a)標準構成時のゲート数

  • 15,000ゲート

(2)機能説明

フロッピー・ディスク・コントローラ・コアは、InventraTM M765A78フロッピー・ディスク・コントローラ・コアとInventraTM MDDS78ディジタル・データ・セパレーターを組み込んだ完全なフロッピー・ディスク・コントローラである。フロッピー・ディスク・コントローラ・コアはまた、IBM PCコンパチブル・システムによって必要なインターフェース回路と、82078SLとソフトウェア・コンパチブルの省エネルギ機能を含んでいる。これらは、クロック・ディスエーブル信号、即時の自動パワーダウンと低い待ち時間の復帰を含んでいる。フロッピー・ディスク・コントローラ・コアはまた、ソフトウェア制御の下で、デフォルトのドライブマッピングを特徴とする。
フロッピー・ディスク・コントローラ・コアはまた、完全な82078SL互換性を持つPCとPS/2TMフロッピー・ディスク・サブシステムを含んでいる。
フロッピー・ディスク・コントローラ・コアは、以下のようにいろいろな異なったモードで動作する:

  • PC ATモード;DMAゲート、TCアクティブ・ハイ、SRA/Bなし
  • モデル30;DMAゲート、TCアクティブ・ハイ、SRA/B
  • PS/2モード;DMAゲートなし、TCアクティブ・ロー、SRA/B

図1に、機能ブロック図を示す。


図1 機能ブロック図

3-8-5 フロッピー・ディスク・コントローラ

出典:プロバイダ:Mentor Graphics Corp. IP名:「MFDC87 Floppy Disk Controller」、図:「BLOK DIAGRAMB」、媒体:online、メンター・グラフィック社Inventra IP catalog - all(検索)よりPDFデータシート「MFDC87 Floppy Disk Controller」、[検索日:2001年11月20日](http://www.mentor.com/inventra/cores/catalog/)

応用分野

フロッピー・ディスク装置、テープ・ドライブのコントローラ

出典/参考資料

出典:プロバイダ:Mentor Graphics Corp. IP名:「MFDC87 Floppy Disk Controller」、媒体:online、メンター・グラフィック社Inventra IP catalog - all(検索)よりPDFデータシート「MFDC87 Floppy Disk Controller」、[検索日:2001年11月20日] (http://www.mentor.com/inventra/cores/catalog/)

目次に戻る

技術対応表に戻る