• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 資料・統計 > 刊行物・報告書 > 標準技術集 > MIMO (Multi Input Multi Output) 関連技術

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

MIMO (Multi Input Multi Output) 関連技術

1 構成と基礎理論

1-1 基本構成

1-1-1 システムモデル

1-1-2 MIMO 情報伝送の基本構成

1-1-3 CSI が送信側で既知の伝送モード

1-2 キャパシティ

1-2-1 チャネルモデル

1-2-2 CSI によるキャパシティ

1-2-3 Random チャネルキャパシティ

1-2-4 伝搬環境の影響

1-3 通信品質

1-3-1 Error Rate

2 周辺要素技術

2-1 伝送技術

2-1-1 変復調・多重

2-2 リンクアダプテーション

2-2-1 適応変復調

2-2-2 電力配分

2-3 チャネル推定・等化技術

2-3-1 チャネル推定技術

2-3-2 チャネル等化技術

2-4 誤り制御技術

2-4-1 誤り訂正技術

2-4-2 誤り検出・再送制御技術

2-5 干渉キャンセル技術

2-5-1 レプリカ生成型

2-5-2 最尤系列推定型

2-5-3 符号化

2-6 アレー信号処理技術

2-6-1 ビーム制御

2-6-2 到来波方向推定 (DoA)

2-7 ダイバーシチ技術

2-7-1 時間・空間・周波数

2-8 行列演算

2-8-1 ユニタリ行列

3 実現基盤技術

3-1 並列伝送技術

3-1-1 Layered Space Time Architecture

3-2 時空間符号化伝送技術

3-2-1 Space Time Block Code (STBC)

3-2-2 Space Time Trellis Code

3-2-3 Space Frequency Code

3-3 ハイブリッド伝送技術

3-3-1 誤り訂正技術との組み合わせ

3-3-2 アレー信号処理技術との組み合わせ

3-3-3 リンクアダプテーション技術との組み合わせ

3-4 信号検出・復号技術

3-4-1 空間フィルタリング

3-4-2 最尤検出

3-4-3 Iterative Receiver

3-4-4 MIMO 信号・チャネル推定

3-5 広帯域伝送・マルチユーザ技術

3-5-1 広帯域伝送

3-5-2 マルチユーザ (MIMO-MU)

4 標準化

4-1 Beyond IMT-2000

4-1-1 3rd Generation Partnership Project

4-2 Wireless LAN

4-2-1 802.11n

5 装置化

5-1 デバイス

5-1-1 ベースバンド系

5-1-2 RF 系

5-2 装置・システム

5-2-1 IMT-2000

5-2-2 Wireless LAN ・ Wireless WAN

5-2-3 応用例

 

[更新日 2005年3月25日]

お問い合わせ

特許庁総務部企画調査課技術動向班
電話:03-3581-1101 内線2155
FAX:03-3580-5741
E-mail:PA0930@jpo.go.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。