3.3 Crめっき浴

3.3.1 代表的な特許

 Crめっき浴に関する代表的な特許を、登録特許と係属中の特許から選別した。

 選別した特許の技術別件数は以下のとおりである。

 

(1)6価クロムめっき浴 ・黒色めっき         2件

             ・その他           5件

(2)3価クロムめっき浴 ・チオシアン酸錯体関連    6件

             ・陽イオン交換膜関連     3件

             ・アンモニウムイオン添加   2件

             ・硫黄種添加         2件

             ・その他          14件

 

 これらの特許を技術展開図として図3-3-1に示した。

 図中の権利状況は、設定登録済みの特許・実用新案を「登録」、出願後取下げ・無効・放棄されていないもので、拒絶の査定・審決が確定していないものを「係属中」として明記した。

 

 クロムめっき浴の改善としては、従来の6価クロム浴の析出効率の向上や電析クロム層の光沢、硬度などの品質向上を狙った研究開発が推進されている。アルカリ金属フルオロ珪酸塩にTi、Ta、Nbの弗化物を添加した6価クロム電気めっき浴(特公昭57-26351)ハロゲン放出化合物とカルボン酸塩を添加した浴(特公昭61-12035)、ハロゲン、アルカリ元素とアルカリ土類の1種以上を添加した浴、希土類元素化合物(例えば硫酸ランタン)を添加した浴(特公昭5-73835)など数多くのクロム電気めっき浴が提案されている。また、クロムめっき層のクラックを減少させた非晶質構造のクロムめっきを得る浴の提案(特公平3-19306)がある。

 廃水処理の負荷軽減を狙いとする3価クロムめっき浴の提案も数多くある。3価クロム水溶液に、ホルムアルデヒドとAl塩を添加した浴(特公昭57-11395)、アミノ酸やスルファミン酸を添加した浴(特公昭57-11396)、亜硫酸、メタ重亜硫酸などを添加する浴(特公昭57-38677)、チオシアン酸/Cr(III)浴にフエロシアン酸イオンやKlを添加した浴(特公昭56-45996、56-36235、58-15552、57-10192、2-20714、61-55598、61-31196)、バナジウム還元剤を添加した浴(特公昭59-30797)、アスパラギン酸、イミノジ酸を錯化合物として用い、亜硫酸イオン、亜ニチオン酸を添加しためっき浴(特公昭61-31195、62-29514)、チアゾール化合物を添加するめっき浴(特公平3-17911)の提案が権利化されている。さらに、亜鉛やニッケル上へのIII価クロムめっき浴(特公平3-44155)が開発された。

 黒色クロムめっき方法に関する研究開発も積極的に推進されている。無水クロム酸と珪フッ化物とのめっき浴に硝酸塩を添加する方法(特公昭61-58556)、無水クロム酸に亜セレン酸塩を添加しためっき浴(特公昭56-27599)などが提案されている。

 また、選択した特許の中で、技術的に注目されるものについては、技術発展図中に*印を付与し、その概要情報を 「3.3.2 代表的な特許の概要情報」 に示した。