• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 資料・統計 > 審議会・研究会 > 審議会 > 産業構造審議会 > 産業構造審議会について > 産業構造審議会知的財産分科会弁理士制度小委員会 > 標準・データに係る業務への弁理士の関与の在り方について ―産業構造審議会知的財産分科会弁理士制度小委員会―

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

標準・データに係る業務への弁理士の関与の在り方について
―産業構造審議会知的財産分科会弁理士制度小委員会―

平成30年2月
産業構造審議会知的財産分科会
弁理士制度小委員会事務局

概要

産業構造審議会知的財産分科会弁理士制度小委員会は、平成29年10月~平成30年2月、計4回にわたり、標準関連業務やデータ関連業務への弁理士の関与の在り方、弁理士がこれら業務に係るコンサルティング業務を適切に行うに当たっての中小企業への支援活動の在り方等について審議・検討を行ってまいりました。その審議・検討の結果を報告書として取りまとめましたので、公表いたします。

[更新日 2018年2月19日]

お問い合わせ

特許庁総務部秘書課弁理士室

電話:03-3581-1101 内線2111

FAX:03-3501-6828

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。