• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 日中韓の知的財産分野での協力をさらに強化します

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

日中韓の知的財産分野での協力をさらに強化します

2014年11月12日

特許庁と中国国家知識産権局、韓国特許庁は、11月10日、韓国(ソウル)において日中韓特許庁長官会合を開催しました。我が国からは伊藤長官が出席し、特許、意匠、審判などの幅広い分野における日中韓の今後の協力について協議しました。また、翌11日に、三カ国のユーザーを交えたシンポジウムが開催され、実用新案制度などについて、積極的な意見交換が行われました。特許庁は、今後も、日中韓の枠組みにおいて、知的財産分野での協力をさらに強化していきます。

合意議事録への署名
日中韓特許庁長官会合

第14回日中韓特許庁長官会合

[更新日 2014年11月12日]