• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 途上国研修「WIPO審査上級コース」を行いました。

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

途上国研修「WIPO審査上級コース」を行いました。

2014年12月8日

11月10日(月曜日)から21日(金曜日)にかけて実施した「WIPO審査上級コース」は、日本政府からWIPOへ拠出している「WIPOジャパン・トラスト・ファンド」により開催したもので、途上国知財庁の特許・意匠・商標審査官を対象とした研修プログラムです。

本プログラムに参加したアジア、アフリカ、中南米からの招聘研修生25名は、専門分野に応じて「特許」「意匠」「商標」の3グループに分かれ、実体審査におけるケーススタディーを行うとともに、当庁の審査官によるOJTを受けました。
研修生は、二週間の研修コースを通じ、迅速かつ的確な審査を実施するための能力を高めるとともに、研修生同士の親睦を深め、また、日本の知財関係者とのつながりを深めることができました。今後、自国での益々の活躍が期待されます。

記念撮影
技監への挨拶
事例研究
講義風景

途上国研修「WIPO審査上級コース」研修生(2014年度)

本年度の研修プログラム一覧は、こちらより御覧いただけます。

途上国人材育成協力

[更新日 2014年12月8日]