• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 途上国研修「ミャンマー商標コース」を行いました。

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

途上国研修「ミャンマー商標コース」を行いました。

2014年12月12日

11月25日(火曜日)から12月5日(金曜日)にかけて、現在知財庁設立に向けて準備を進めているミャンマーから商標審査官候補生4名を招聘し、本年度新たに設置した「ミャンマー商標コース」研修を実施しました。
本研修コースでは、社会発展のための知的財産制度や商標制度の役割について議論したほか、商標調査や商標審査のケーススタディなど商標出願から登録までの審査実務演習、また当庁審査官によるOJTを行いました。さらに、研修所の外に出て商標の使用例を直接観察しその役割を考察するフィールドワークや、知財マネジメントの現状を把握する企業訪問、法律事務所における商標関連実務の見学を行いました。
研修生は、研修コースを通じ、商標審査官として必要な知識や専門能力を高めるとともに、日本の知財関係者とのつながりを深めることができました。今後、自国での益々の活躍が期待されます。

業務部長表敬

演習
講義

途上国研修「ミャンマー商標コース」研修生(2014年度)

本年度の研修プログラム一覧は、こちらより御覧いただけます。

途上国人材育成協力

[更新日 2014年12月12日]