• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 途上国研修「WIPOジャパンファンド執行コース」を行いました。

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

途上国研修「WIPOジャパンファンド執行コース」を行いました。

2014年12月22日

12月1日(月曜日)から12日(金曜日)にかけて、日本政府からWIPOへ拠出している「WIPOジャパン・トラスト・ファンド」を活用して「WIPOジャパンファンド執行コース」を開催しました。本コースは、今年度新たに対象者をアジア・アフリカ地域の知財事件を担当する裁判官・検察官に絞り、知的財産権法の執行能力向上を目的に設定した上級者向けの研修プログラムです。

研修では、日本の警察庁・税関等の執行機関職員や知的財産高等裁判所職員をはじめ、WIPO職員、南アフリカの大学教授、フィリピン地方裁判所の裁判長らを講師に迎え、日本における侵害訴訟の事例や知的財産権侵害への対応、侵害が及ぼす悪影響、知的財産保護の重要性などについての講義を行いました。

研修に参加したアジア・アフリカ地域からの招聘研修生24名は、二週間の本コースを通じ、執行能力を高めるとともに、研修生同士の親睦を深め、また、日本の知財関係者とのつながりを深めることができました。今後、自国での益々の活躍が期待されます。

総務部長への挨拶

知的財産高等裁判所訪問
講義の様子

途上国研修「WIPO執行コース」研修生(2014年度)

本年度の研修プログラム一覧は、こちらより御覧いただけます。

途上国人材育成協力

[更新日 2014年12月22日]