• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > ハーグ協定のジュネーブ改正協定に加入しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

ハーグ協定のジュネーブ改正協定に加入しました

2015年2月16日

2月13日、日本政府は、スイス・ジュネーブにおいて、「意匠の国際登録に関するハーグ協定のジュネーブ改正協定」の加入書を世界知的所有権機関(WIPO)事務局長に寄託しました。本協定は、3か月後の5月13日に我が国について発効します。また、これに引き続き、木原特許技監が、我が国とWIPOとの今後のさらなる協力関係の強化などについて、ガリ事務局長と意見交換を行いました。
なお、同日に米国も同協定の批准書を寄託しました。日米の同時寄託を祝して、ガリ事務局長発案でWIPO主催の記念式典が開催されました。

加入書寄託

加入書寄託後
(左から、ガリWIPO事務局長、嘉治在ジュネーブ国際機関日本政府代表部次席大使、木原特許技監)(WIPO提供)

記念式典

WIPO主催記念式典
(左から、木原特許技監、嘉治在ジュネーブ国際機関日本政府代表部次席大使、
ハマモト在ジュネーブ国際機関米国政府代表部大使、ガリWIPO事務局長)(WIPO提供)

記念式典(木原特許技監挨拶)

WIPO主催記念式典
木原特許技監挨拶

なお、WIPOウェブサイト(外部サイトへリンク)においても、日米両国が寄託を行った旨が掲載されています。

[更新日 2015年2月16日]