• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー >US-Bar リエゾンカウンシルとの意見交換を行いました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

US-Bar リエゾンカウンシルとの意見交換を行いました

2015年6月26日

6月25日に、US-Barリエゾンカウンシルが特許庁を訪問し、伊藤長官と同カウンシル議長のオーシャ氏が会談しました。本会談では、日米両国における最近の知財情勢について意見交換を行いました。その後、実務者間で、特許制度等を取り巻く課題及び特許審査ハイウェイ等の取組について意見交換を行いました。

特許庁は、今次会合で得られた意見を基に、今後も国際的な取組の検討および推進に努めて参ります。

US-Barリエゾンカウンシルとの意見交換
US-Barリエゾンカウンシルとの意見交換

  

※US-Barリエゾンカウンシル:日本特許庁との意見交換を目的として集まった米国特許弁護士・弁理士有志の委員会。

[更新日 2015年6月26日]