• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー >南アジア地域協力連合加盟国の知財庁の一行が特許庁を訪問しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

南アジア地域協力連合加盟国の知財庁の一行が特許庁を訪問しました

2015年7月1日

6月30日、南アジア・東南アジア知財庁長官会合のために来日した南アジア地域協力連合(SAARC)加盟国からの参加6か国(インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカ、ネパール、ブータン)の知的財産庁長官と伊藤長官が初めて会談し、これらの知財庁が直面している課題及び今後の協力のあり方について意見交換しました。

今後も、特許庁はSAARCとの知的財産に関する協力をさらに進めていきます。

SAARC加盟国知財庁との会談
SAARC加盟国知財庁との会談

  

[更新日 2015年7月2日]