• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 「インターネットショッピングにおける模倣品・海賊版対策」についてのパネルディスカッションを開催しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

「インターネットショッピングにおける模倣品・海賊版対策」についてのパネルディスカッションを開催しました

2016年2月10日

2月9日、特許庁1階ロビーにて、パネルディスカッションを開催しました。 特許庁が実施している模倣品・海賊版撲滅キャンペーンを紹介するとともに、(一社)ユニオン・デ・ファブリカンやヤフー(株)、楽天(株)から登壇者を迎え、インターネットショッピングにおける「模倣品・海賊版の傾向」「今後の取り組み」などについて議論をし、消費者に対してニセモノ被害に遭わないためのメッセージを発信しました。

また会場では、摘発されたニセモノと本物を比較展示しました。(展示は2月29日まで開催)

(一社)ユニオン・デ・ファブリカン:有名ブランドメーカーの知的財産(デザインなど)を保護する団体

髙橋総務部長による開催挨拶
髙橋総務部長による開催挨拶

パネルディスカッション
パネルディスカッション

会場の様子
会場の様子

[更新日 2016年2月10日]