• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > インドネシア知的財産総局ルビス協力・知財推進局長、パルデデ捜査・紛争解決局長が特許庁を訪問しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

インドネシア知的財産総局ルビス協力・知財推進局長、パルデデ捜査・紛争解決局長が特許庁を訪問しました

2016年2月10日

2月10日、インドネシア知的財産総局(DGIP)ルビス協力・知財推進局長、及びパルデデ捜査・紛争解決局長を含む一行が、特許庁を訪問しました。

知財のエンフォースメントをテーマとして、JICAプロジェクト*を通じたインドネシアに対する特許庁の協力を紹介するとともに、意見交換を行いました。

今後も、特許庁は、インドネシアにおける知財エンフォースメントの強化に向け貢献してまいります。

* JICAプロジェクト:特許庁は、インドネシア政府の要請に基づきJICAの「ビジネス環境改善のための知的財産権保護・法的整合性向上プロジェクト」において、知財のエンフォースメント強化を支援しています。

((中央)髙橋総務部長、(左隣り)ルビス協力・知財推進局長、(右隣り)パルデデ捜査・紛争解決局長)
((中央)髙橋総務部長、(左隣り)ルビス協力・知財推進局長、(右隣り)パルデデ捜査・紛争解決局長)

(特許庁1階ロビー「模倣品対策キャンペーン」見学の様子)
(特許庁1階ロビー「模倣品対策キャンペーン」見学の様子)

[更新日 2016年2月12日]