• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 審判実務者研究会クロージングミーティングが開催されました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

審判実務者研究会クロージングミーティングが開催されました

2016年5月20日

5月17日、平成27年度審判実務者研究会(座長:丹治首席審判長)クロージングミーティングが開催されました。「審判実務者研究会」は、産業界、弁理士、弁護士、審判官という立場の異なる実務関係者が一堂に会し、審決や判決についての研究を行うものであり、平成18年度以降、継続的に開催して参りました(当初名称は「進歩性検討会」)。本ミーティングでは、平成27年度に実施された審判実務者研究会の研究成果について報告が行われ、その後、出席者を交えて意見交換が行われました。

特許庁では、今年度も審判実務者研究会を開催予定であり、その研究成果を広く公表するとともに、審理の充実に活かして参ります。


審判実務者研究会報告書へのリンク


ミーティングの様子
ミーティングの様子

  

[更新日 2016年5月20日]