• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 第6回日アセアン特許庁長官会合が開催されました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

第6回日アセアン特許庁長官会合が開催されました

2016年7月20日

7月19日に、インドネシアのバリにおいて、日本国特許庁とアセアン各国知財庁による第6回日アセアン特許庁長官会合が開催されました。本会合では、特許マニュアル(審査基準)の改訂/策定支援等を含む2016年度の日アセアン知財協力プログラムを策定するとともに、今後も、日本国特許庁が、人材育成や国際条約加盟等の支援を強化しつつ、各国の新たな課題を踏まえた知財システム基盤整備に貢献することを確認しました。

また、この機会を捉え、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、シンガポールの知財庁長官等と会談を行い、各国の制度・運用の整備状況や課題に応じた二庁間協力の強化を確認しました。
特に、インドネシアとは、特許公報等の特許情報のデータ交換を行うことになり、ミャンマーとは、本年度の協力事項について合意し覚書に署名しました。

日アセアン間の知財に関する協力プログラムを強化しました~第6回日アセアン特許庁長官会合の結果について~(経済産業省のページへ)

加えて、インドネシアのジャカルタにおいて、国家知財戦略をテーマとしたIPフォーラムが開催されました。300名以上の聴衆が集まる中、小宮長官が冒頭挨拶を行い、日本における国家知財戦略を紹介しました。

今後も日本国特許庁は、日本企業等のユーザーニーズを踏まえつつ、アセアン全体及びアセアン各国知財庁との対話を深化させながら、アセアン各国において適切な知的財産の保護が図られるよう、知財協力を総合的に推進してまいります。

小宮長官とアセアン各国知財庁の代表
小宮長官とアセアン各国知財庁の代表

IPフォーラムでの小宮長官による挨拶
IPフォーラムでの小宮長官による挨拶

[更新日 2016年7月20日]