• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 平成28年度審判実務者研究会第1回会合が開催されました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

平成28年度審判実務者研究会第1回会合が開催されました

2016年7月

7月25日、平成28年度審判実務者研究会(座長:丹治首席審判長)第1回会合が開催されました。審判実務者研究会は、産業界、弁理士、弁護士、審判官という立場の異なる実務関係者が一堂に会し、審決や判決についての研究を行うものであり、平成18年度以降、継続的に開催して参りました(当初名称は「進歩性検討会」)。今年度の審判実務者研究会は、オブザーバーとして裁判官の参加が実現し、検討体制がさらに強化されました。

第1回会合の後、分野別会合を随時開催し、年度末までに検討結果を報告書としてまとめる予定です。報告書は特許庁HP等で公表致します(過去の報告書はこちら )。

丹治首席審判長による挨拶
丹治首席審判長による挨拶

平成28年度審判実務者研究会第1回会合の様子
平成28年度審判実務者研究会第1回会合の様子

[更新日 2016年7月26日]