• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 第4回日中韓審判専門家会合及び第2回日中韓国際審判官協議が開催されました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

第4回日中韓審判専門家会合及び第2回日中韓国際審判官協議が開催されました

2016年9月5、6日

2016年9月5、6日に、日本国特許庁(JPO)にて、第4回日中韓審判専門家会合及び第2回日中韓国際審判官協議が開催されました。JPOからは嶋野審判部長らが、中国国家知識産権局(SIPO)からは蒋副主任(Ms. Jiang)らが、韓国特許庁(KIPO)からはリュウ審判政策課長(Mr. Ryu)らが参加しました。本会合では、無効審判に関する比較研究や、実事件を用いて実務上の問題点について議論を行う審判官協議を行ったほか、統計情報の交換や今後の審判官協議の進め方について合意するなど大きな成果を得ました。

特許庁は、今後も他国との審判に関する交流を積極的に進め、国際的な紛争処理システムの透明性向上に努めて参ります。

第4回日中韓審判専門家会合及び第2回日中韓国際審判官協議
第4回日中韓審判専門家会合及び第2回日中韓国際審判官協議

[更新日 2016年9月9日]