• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 全国人民代表大会常務委員会法制工作委員会が特許庁を訪問しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

全国人民代表大会常務委員会法制工作委員会が特許庁を訪問しました

2016年9月14日

1. 概要

9月5日、12日及び13日に、特許庁が協力しているJICAの「市場経済の健全な発展と民生の保障のための法制度整備プロジェクト」の一環として、中国から全国人民代表大会常務委員会法制工作委員会経済法室の岳仲明(Mr.YUE Zhongming)副主任ら一行が、特許庁を訪問しました。

今回の訪問は、第4次改正が予定されている中国専利法(※我が国における「特許、実用新案、意匠」に相当)について、法制工作委員会が改正案を作成するにあたり、日本の法制度及び実務運用状況を調査研究し、立法作業に活用することを目的として実施されました。

特許庁より、イノベーションの促進に向けた特許庁の取組、意匠及び審判分野の制度・運用等について紹介するとともに、専利法改正に向けた双方の関心事項について活発な意見交換が行われました。今回、法制工作委員会一行は、特許庁のほか知的財産に関連する関係機関にも訪問しました。

特許庁は、今後も、中国との知的財産に関する取組を強化していきます。

間宮総務部長と岳仲明副主任ら一行
間宮総務部長と岳仲明副主任ら一行

意見交換の様子
意見交換の様子

[更新日 2016年9月28日]