• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 第5回商標五庁(TM5)会合に参加しました。

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

第5回商標五庁(TM5)会合に参加しました。

2016年10月31日

10月28日及び29日に、日米欧中韓による第5回商標五庁(TM5)会合が、中国・昆山で開催されました。

今次会合では、日本国特許庁(JPO)は品質管理をテーマとする新規プロジェクトを提案し、今後具体的な内容の調整を進めていくことで合意しました。

JPOが担当する「悪意の商標出願プロジェクト※1」については、2017年3月までに「悪意の商標出願事例集」を完成させるとともに、TM5ウェブサイトでの公表に向けて、各庁が協力していくことで合意しました。また、JPOと欧州連合知的財産庁(EUIPO)が共同で担当する「ユーザー参画プロジェクト※2」については、ユーザー団体である国際商標協会(INTA)※3の協力の下、世界各国の商標ユーザーが会するINTA年次総会において「第1回ジョイント・ワークショップ」を開催することを提案し、各庁の承認を得ました。

その後、中国国家工商行政管理総局(SAIC)により悪意の商標出願をテーマとしたシンポジウムが開催され、約200名の聴衆が参加しました。JPOからは「日本における悪意の商標出願に対する商標制度」について講演を行いました。

※1 悪意の商標出願に関し各庁の制度・運用の情報交換を行うとともに、ユーザーに対してこれらの情報提供を行うことを目的としている。
※2 TM5の各協力プロジェクトにユーザー団体を参画させること及び一般ユーザーへの情報発信のためのワークショップを開催することを目的としている。
※3 国際商標協会(INTA):190か国の、政府機関、教育機関、企業など6,700以上の会員からなる団体。

三木審査業務部長(最前列左から3人目)とTM5各庁の参加者
三木審査業務部長(最前列左から3人目)とTM5各庁の参加者

[更新日 2016年11月1日]