• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 日中韓特許庁シンポジウムを開催しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

日中韓特許庁シンポジウムを開催しました

2016年12月13日

日本国特許庁と中国国家知識産権局(SIPO)、韓国特許庁(KIPO)は、12月9日、神奈川県小田原市において、三庁の共催により日中韓特許庁シンポジウムを開催しました。

本シンポジウムでは、日本、中国及び韓国から判事や学識経験者、政府関係者が参加し、知的財産訴訟の最新動向をテーマとした講演や、プロダクト・バイ・プロセス・クレームの解釈をテーマとしたパネルディスカッションが行われました。

本シンポジウムを通じて、日中韓における行政及び司法による知的財産保護に関する相互理解が一層促進されることが期待されます。

プレスリリース:
日本、中国、韓国の知財分野の協力が進展します~日・中・韓の特許庁長官会合を開催しました~
(公表日:平成28年12月12日)(外部サイトへリンク)


(写真01)<開会挨拶>梅澤彰馬 日中韓三国協力事務局次長
<開会挨拶>
梅澤彰馬 日中韓三国協力事務局(※)次長

(写真02)<主催者挨拶>小柳特許技監
<主催者挨拶>
小柳特許技監

(写真03)<主催者挨拶>申長雨 中国国家知識産権局局長
<主催者挨拶>
申長雨 中国国家知識産権局局長

(写真04)<主催者挨拶>崔東圭 韓国特許庁 庁長
<主催者挨拶>
崔東圭 韓国特許庁 庁長

(写真05)<基調講演>高林龍 早稲田大学法学部 教授
<基調講演>
高林龍 早稲田大学法学部 教授

(写真06)<講演>設樂隆一 知的財産高等裁判所 所長
<講演>
設樂隆一 知的財産高等裁判所 所長

(写真07)<講演>朴泰一 韓国大法院裁判研究官知的財産権総括・部長判事
<講演>
朴泰一 韓国大法院裁判研究官
知的財産権総括・部長判事

(写真08)<講演>馬文霞 中国国家知識産権局専利復審委員会行政訴訟処 処長
<講演>
馬文霞 中国国家知識産権局
専利復審委員会行政訴訟処 処長

(写真09)<パネルディスカッション>
<パネルディスカッション>

(写真10)<会場風景>
<会場風景>


  • ※日中韓三国協力事務局は、三国間の協力関係の更なる促進に寄与することを目的として、2009年の日中韓首脳会談での合意に基づいて設立された国際機関。

[更新日 2016年12月13日]