• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 2017年WIPO加盟国総会が開会しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

2017年WIPO加盟国総会が開会しました

2017年10月3日

10月2日から11日の日程でスイス・ジュネーブにおいて開催される世界知的所有権機関(WIPO)加盟国総会に、特許庁から宗像特許庁長官、嶋野特許技監を始めとする代表団が出席しています。会合冒頭、我が国を代表して宗像長官が一般演説を行い、新たな技術がもたらす課題を克服して「IP4.0(Intellectual Property 4.0)」とも言うべき新たな知財制度の時代を拓くべきことを呼びかけ、国際機関として重要な役割を担うWIPOに対する期待を表明しました。今次加盟国総会では、年次報告など諸々の重要事項について議論が行われています。

(写真)宗像長官
WIPO加盟国総会で一般演説を行う宗像長官

(写真)会議場
WIPO加盟国総会の様子

[更新日 2017年10月3日]