• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 欧州委員会等と意見交換を行いました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

欧州委員会等と意見交換を行いました

2018年1月19日

1月16日に宗像長官が欧州委員会成長総局(ベルギー・ブリュッセル)を訪問し、欧州委員会が昨年11月に公表した標準必須特許(SEP)に関するコミュニケーション、及び、特許庁が現在検討しているSEPのガイドライン案について、意見交換を行いました。

同日、この機会に、国際研究機関であるIMEC(ベルギー・ルーベン)を訪問し、オープンイノベーションを促進する同機関の知的財産管理モデル等について聴取しました。

さらに、これに先立つ1月15日には、バース英国高裁判事及びジェイコブ・ロンドン大学(UCL)教授と会談し、SEPの紛争解決について意見交換を行いました。

(写真01)欧州委員会成長総局等との意見交換
欧州委員会成長総局等との意見交換
(左から4番目:欧州委員会成長総局(DG GROW)ペルトメイキ副局長、
左から5番目:日本国特許庁(JPO) 宗像長官)

(写真02)ジェイコブ ロンドン大学教授との意見交換
ジェイコブ ロンドン大学教授との意見交換
(左から、ジェイコブ教授、日本国特許庁(JPO)宗像長官)

(写真03)IMECとの意見交換
IMECとの意見交換
(左から3番目:De Boeck氏、左から4番目:Declerck氏、
左から5番目:日本国特許庁(JPO)宗像長官)

[更新日 2018年1月26日]