• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 中国国家工商行政管理総局一行が特許庁を訪問しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

中国国家工商行政管理総局一行が特許庁を訪問しました

2018年1月25日

1月24日に、中国国家工商行政管理総局(SAIC※)商標局の林軍強(Mr. LIN Junqiang)副局長一行が特許庁を訪問し、花木審査業務部長、佐藤商標課長らと、AI(人工知能)を活用した商標審査の機械化・効率化に関する取組等について意見交換を行いました。

商標出願件数の増加という背景を共にする両国にとって、今後も互いの取組について情報交換することは重要との認識を共有しました。

特許庁は、引き続き、中国と商標分野における交流を強化していきます。

(写真)花木審査業務部長と林軍強副局長一行との記念撮影
花木審査業務部長と林軍強副局長一行との記念撮影

(写真)意見交換の様子
意見交換の様子

※SAIC:State Administration For Industry & Commerce of the People's Republic of China

[更新日 2018年1月25日]