• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 米国特許商標庁(USPTO)等と意見交換を行いました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

米国特許商標庁(USPTO)等と意見交換を行いました

2018年2月26日

2月23日に、宗像長官が米国アレキサンドリアの米国特許商標庁(USPTO)を訪問し、イアンク新長官と今後の両庁間の協力について意見交換を行いました。2月8日に着任したイアンク長官にとって、今回の宗像長官との意見交換が、各国特許庁の長官との間で行った最初の会合となります。

さらに、ワシントンDCにて、アミン知的財産執行調整官(IPEC)と知財のエンフォースメントについて議論を行ったほか、レーダー元連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)首席判事と国際仲裁について意見交換を行いました。

(写真01)イアンク新USPTO長官との意見交換(左から、日本国特許庁(JPO)宗像長官、米国特許商標庁イアンク長官)
イアンク新USPTO長官との意見交換
(左から、日本国特許庁(JPO)宗像長官、米国特許商標庁イアンク長官)

[更新日 2018年2月27日]