• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > 2018年9月 > シンガポールで第8回日ASEAN特許庁長官会合が開催されました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

シンガポールで第8回日ASEAN特許庁長官会合が開催されました

2018年9月6日

9月4日に、シンガポールにおいて、日本国特許庁と東南アジア諸国連合(ASEAN)各国知財庁による第8回日ASEAN特許庁長官会合が開催されました。2018年度における日ASEAN間の知財協力プログラムを策定し、特に、IoTやAIといった新たな技術に対応した特許審査基準の整備・運用において、日本とASEAN各国とが協力することに合意しました

また、この機会を利用して、同地にて、宗像長官とシンガポール知的財産庁(IPOS)のタン長官とのバイ会談を実施し、両国の知財制度の最新状況について意見交換を行うとともに、中国国家知識産権局(CNIPA)の申局長ともバイ会談を実施し、今後の両国の協力枠組みのさらなる発展について、検討を開始することで認識を共にしました。

さらに、9月4日から5日に同地で開催された国際知財イベントにおいて、4日のプレナリーセッションに日本国特許庁の宗像長官が出席し、日本国特許庁によるベンチャー企業(スタートアップ)の知財活用支援の取組等について講演しました。*

また、5日には同イベントにおいて、日本国特許庁が日本貿易振興機構(JETRO)と共催で特別セッションを開催し、企業、事務所等からも出席いただき、「Keeping Up with New Technologies」というテーマで講演及びパネルディスカッションを行いました。*

今後も特許庁は、知的財産分野における国際的な交流を深めるとともに、海外知的財産庁との協力を進めてまいります。

*宗像長官の講演内容は以下のリンクからご覧いただけます。

第8回日ASEAN特許庁長官会合の結果については、プレスリリース「日ASEAN間の知財に関する協力プログラムを強化しました(外部サイトへリンク)」を参照。

(写真01)宗像長官とASEAN各国知財庁の代表
宗像長官とASEAN各国知財庁の代表

(写真02)宗像長官の講演
宗像長官の講演
(写真03)IPOSタン長官とのバイ会談
IPOSタン長官とのバイ会談
 
(写真04)CNIPA申局長とのバイ会談
CNIPA申局長とのバイ会談

 

 

[更新日 2018年9月6日]