• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > 2018年10月 > 米国の特許弁護士団体と意見交換を行いました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

米国の特許弁護士団体と意見交換を行いました

2018年10月24日

10月22日、米国ワシントンD.C.において、JPO/US-Barリエゾンカウンシル(※1)との意見交換会が開催されました。特許庁から山下審査第四部長が参加し、米国の知財情勢や特許庁の施策について議論を行いました。

また、10月23日にワシントンD.C.で開催されたAIPLA(※2)年次総会の日本委員会Pre-Meetingに山下部長が出席し、特許庁の施策について講演を行いました。

特許庁は、これらの会合で得られた知見を基に、今後も国際的な取組の検討および推進に努めてまいります。

(写真01)US-Barリエゾンカウンシルとの意見交換

JPO/US-Barリエゾンカウンシルとの意見交換

(写真02)Pre-Meetingにおける山下審査第四部長の講演

Pre-Meetingにおける山下審査第四部長の講演


(※1)JPO/US-Barリエゾンカウンシル:日本特許庁との意見交換を主な目的とする米国特許弁護士・弁理士有志の委員会。

(※2)AIPLA(米国知的財産権法協会):米国の知的財産権を専門とする弁護士約14,000名を会員とする団体。

[更新日 2018年10月24日]