• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 出願窓口 > 手数料等の減免制度について > 特許料等の減免制度 > 大学等の研究者及び大学等を対象とした審査請求料、特許料の軽減措置について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

大学等の研究者及び大学等を対象とした審査請求料、特許料の軽減措置について

平成25年1月

産業技術力強化法(平成12年法律第44号)等の規定に基づき、大学等の研究者及び大学等を対象として、審査請求料及び第1年分から第10年分の特許料が1/2軽減されます。

手続に関する要件及び提出書類は以下のとおりです。

1.対象となる大学等の研究者及び大学等

1.大学等の研究者

学校教育(昭和22年法律第26号)法第1条に規定する大学・高等専門学校の研究者又は国立大学法人法(平成15年法律第112号)第2条第3項に規定する大学共同利用機関法人の研究者(以下、これらを「大学等研究者」という。)

上記の大学等研究者とは、次の者をいいます。

  • 1)大学の学長、副学長、学部長、教授、准教授(助教授)、助教、講師、助手若しくはその他の職員のうち専ら研究に従事する者
  • 2)高等専門学校の校長、教授、准教授(助教授)、助教、講師、助手若しくはその他の職員のうち専ら研究に従事する者
  • 3)大学共同利用機関法人の長またはその職員のうち専ら研究に従事する者

2.大学等

学校教育法第1条に規定する大学・高等専門学校又は国立大学法人法第2条第3項に規定する大学共同利用機関法人(以下、これらを「大学等」という。)

2.大学等研究者及び大学等の軽減措置の要件

以下の(1)から(7)のそれぞれの要件を満たす大学等研究者及び大学等が軽減措置の対象となります。

軽減申請をする場合は、審査請求料軽減申請書(様式見本1)又は特許料軽減申請書(様式見本2)に加えて、以下の添付書面を特許庁に提出する必要があります。

(1)大学等研究者(発明者)(産業技術力強化法施行令第1条の2第1号)

<以下の要件を満たす大学等研究者が対象>

要件

当該特許発明又は発明が職務発明であること

添付書面

職務発明であることを証する書面(様式見本3

(2)大学等研究者がした職務発明を承継した大学等(産業技術力強化法施行令第1条の2第2号イ)

<以下のa,bの要件すべてを満たす大学等が対象>

要件a

当該特許発明又は発明が大学等研究者がした職務発明であること

添付書面

職務発明であることを証する書面(様式見本3

要件b

当該特許発明又は発明をその大学等が承継したこと

添付書面

不要

※その大学等が出願人又は特許権者でない場合、出願人名義変更又は移転登録申請の手続が必要となることがあります。

(3)大学等研究者が移籍前の研究機関※でした職務発明を承継した大学等(産業技術力強化法施行令第1条の2第2号ロ)

※大学等、試験研究独立行政法人、公設試験研究機関、試験研究地方独立行政法人

<以下のaからcの要件すべてを満たす大学等が対象>

要件a

当該特許発明又は発明が大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明であること

添付書面

職務発明であることを証する書面(様式見本3

要件b

大学等研究者がその大学等に現在所属していること

添付書面

在籍証明書(様式見本6

要件c

当該特許発明又は発明をその大学等が承継したこと

添付書面

不要

※その大学等が出願人又は特許権者でない場合、出願人名義変更又は移転登録申請の手続が必要となることがあります。

(4)大学等研究者とそれ以外の者との共同発明を承継した大学等(産業技術力強化法施行令第1条の2第2号ハ)

<以下のaからcの要件すべてを満たす大学等が対象>

要件a

当該特許発明又は発明が大学等研究者と大学等研究者以外の者との共同で行われたものであること

添付書面

大学等研究者と大学等研究者以外の者との共同で行われたものであることを証する書面(様式見本3

要件b

当該特許発明又は発明が大学等研究者について職務発明であること

添付書面

大学等研究者について職務発明であることを証する書面(様式見本3

要件c

当該特許発明又は発明をその大学等が承継したこと

添付書面

不要

※その大学等が出願人又は特許権者でない場合、出願人名義変更又は移転登録申請の手続が必要となることがあります。

(5)大学等研究者が移籍前の研究機関※でしたそれ以外の者との共同発明を承継した大学等(産業技術力強化法施行令第1条の2第2号ニ)

※大学等、試験研究独立行政法人、公設試験研究機関、試験研究地方独立行政法人

<以下のaからdの要件すべてを満たす大学等が対象>

要件a

当該特許発明又は発明が大学等研究者と大学等研究者以外の者との共同で行われたものであること

添付書面

大学等研究者と大学等研究者以外の者との共同で行われたものであることを証する書面(様式見本3

要件b

当該特許発明又は発明が大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明であること

添付書面

大学等研究者について職務発明であることを証する書面(様式見本3

要件c

大学等研究者がその大学等に現在所属していること

添付書面

在籍証明書(様式見本6

要件d

当該特許発明又は発明を大学等が承継したこと

添付書面

不要

※その大学等が出願人又は特許権者でない場合、出願人名義変更又は移転登録申請の手続が必要となることがあります。

(6)大学等研究者がした職務発明と密接な関係がある発明を承継した大学等(産業技術力強化法施行令第1条の2第2号ホ)

<以下のa,bの要件すべてを満たす大学等が対象>

要件a

当該特許発明又は発明が大学等研究者がした職務発明と密接な関係を有するものとして以下1)から3)のいずれかに該当すること

  • 1)当該特許発明又は発明が、大学等研究者の職務発明に係る特許出願の出願当初明細書に文献公知発明として記載されている
  • 2)当該特許発明又は発明が、大学等研究者の職務発明を出願当初明細書に文献公知発明として記載している
  • 3)大学等が行った共同試験研究又は大学等が外部機関へ委託した試験研究で生じた研究成果である

添付書面

  • 1)当該特許発明又は発明が、大学等研究者の職務発明に係る特許出願の出願当初明細書に文献公知発明として記載されていることを証する書面(様式見本4
  • 2)当該特許発明又は発明が、大学等研究者の職務発明を出願当初明細書に文献公知発明として記載していることを証する書面(様式見本4
  • 3)共同試験研究又は外部機関へ委託した試験研究で生じた研究成果であることを証する書面(様式見本5及び共同試験研究契約書又は委託契約書等の写し)

要件b

当該特許発明又は発明をその大学等が承継したこと

添付書面

不要

※その大学等が出願人又は特許権者でない場合、出願人名義変更又は移転登録申請の手続が必要となることがあります。

(7)大学等研究者が移籍前の研究機関※でした職務発明と密接な関係がある発明を承継した大学等(産業技術力強化法施行令第1条の2第2号へ)

※大学等、試験研究独立行政法人、公設試験研究機関、試験研究地方独立行政法人

<以下のaからcの要件すべてを満たす大学等が対象>

要件a

当該特許発明又は発明が大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明と密接な関係を有するものとして以下1)又は2)に該当すること

  • 1)当該特許発明又は発明が、大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明に係る特許出願の出願当初明細書に文献公知発明として記載されている
  • 2)当該特許発明又は発明が、大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明を出願当初明細書に文献公知発明として記載している

添付書面

  • 1)当該特許発明又は発明が、大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明に係る特許出願の出願当初明細書に文献公知発明として記載されていることを証する書面(様式見本4
  • 2)当該特許発明又は発明が、大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明を出願当初明細書に文献公知発明として記載していることを証する書面(様式見本4

要件b

大学等研究者がその大学等に現在所属していること

添付書面

在籍証明書(様式見本6

要件c

当該特許発明又は発明をその大学等が承継したこと

添付書面

不要

※その大学等が出願人又は特許権者でない場合、出願人名義変更又は移転登録申請の手続が必要となることがあります。

3.軽減申請に必要な書類一覧

対象(根拠法令)

必要書類

(1)大学等研究者

(令第1条の2第1号)

大学等

(2)大学等研究者の職務発明を承継した大学等

(令第1条の2第2号イ)

(3)大学等研究者が移籍前にした職務発明を承継した大学等

(令第1条の2第2号ロ)

(4)大学等研究者とそれ以外の者との共同発明を承継した大学等

(令第1条の2第2号ハ)

(5)大学等研究者が移籍前にしたそれ以外の者との共同発明を承継した大学等

(令第1条の2第2号ニ)

(6)大学等研究者の職務発明と密接な関係がある発明を承継した大学等

(令第1条の2第2号ホ)

(7)大学等研究者が移籍前にした職務発明と密接な関係がある発明を承継した大学等

(令第1条の2第2号ヘ)

(注)上表の「令」は、産業技術力強化法施行令をいう。

様式見本1:審査請求料軽減申請書

様式ダウンロード

審査請求料軽減申請書

※【申請の理由】の欄の( )部分には、該当する要件(1)から(7)のいずれかに対応する条項(産業技術力強化法施行令第1条の2第○号○)を記載します。

様式見本2:特許料軽減申請書

様式ダウンロード

特許料軽減申請書

※第4年分以降の特許料についてのみ軽減を申請する場合は、【出願の表示】欄及び【出願番号】欄を【特許番号】欄1つに統合し、「【特許番号】 特許第○○○○○○○号」のように記載します。

※【申請の理由】の欄の( )部分には、該当する要件(1)から(7)のいずれかに対応する条項(産業技術力強化法施行令第1条の2第○号○)を記載します。

※審査請求料の軽減時に軽減申請書に添付した添付書類を特許料の軽減時に援用する場合には、特許料軽減申請書の【提出物件の目録】に以下のように記載します。

【提出物件の目録】

  • 【物件名】 職務発明認定書 1
  • 【援用の表示】 特願2012-○○○○○○に係る平成○年○月○日提出の審査請求料軽減申請書に添付のものを援用する。

様式見本3:職務発明認定書(記載例)

職務発明認定書(記載例)

※1.は、第4年分以降の特許料のみを納付する場合には「1.軽減申請に係る特許番号 特許第×××××××号」のように記載します。

※「2.使用者」及び(証明する者)は、大学等研究者の移籍前の研究機関の職務発明について職務発明認定書を発行する場合、移籍前の研究機関となります。

※3.(2)は、軽減措置の要件(4)又は(5)に該当する場合に記載してください。

様式見本4:軽減措置の要件(6)(7)に係る発明の証明書(記載例)

軽減措置の要件(6)(7)に係る発明の証明書(記載例)

※1.は、第4年分以降の特許料を納付する場合には「1.軽減申請に係る特許番号 特許第×××××××号」のように記載します。

※2.の「第□号」は、要件(6)に該当する場合は「第1号」、要件(7)に該当する場合は「第2号」と記載します。

※2.の末尾の「○」は、要件(6)及び(7)それぞれの要件aのうち、1)に該当する場合は「イ」、2)に該当する場合は「ロ」と記載します。

※4.の記載例は、2.の末尾が「イ」の場合の記載例です。2.の末尾が「ロ」の場合は、「軽減申請に係る特許出願(特願20××-××××××)の出願当初明細書には、半田バンプを用いたセルフアラインメント実装技術に関する発明に関して、職務発明に係る発明(特開20□□-□□□□□□)が文献公知発明として開示されている。他方、上記軽減申請に係る特許出願は、上記文献公知発明の有する●●という課題を解決すべく、セルフアラインメント実装技術における半田バンプ形状を最適化するものである(軽減申請に係る特許出願の当初明細書段落【●●●●】、【●●●●】参照)。したがって、研究者がなした職務発明に係る特許出願と軽減申請に係る特許出願とは密接に関連している。」のように記載します。

様式見本5:軽減措置の要件(6)に係る発明の証明書(記載例)

軽減措置の要件(6)に係る発明の証明書(記載例)

※1.は、第4年分以降の特許料を納付する場合には「1.軽減申請に係る特許番号 特許第×××××××号」のように記載します。

※委託試験研究の成果を承継した場合は、6.のタイトルを「委託試験研究の相手方」と記載します。

※7.の記載例は、共同試験研究の成果に係る発明を承継した場合のものです。委託試験研究の成果を承継した場合は、「軽減申請に係る上記発明は、上記研究者がした有機太陽電池に関する職務発明の実証研究のために、△△△大学が■■■株式会社に委託した試験研究の成果に係る発明である。」のように記載します。

様式見本6:在籍証明書(記載例)

在籍証明書(記載例)

4.参考

(1)出願審査請求書(記載例)(様式(ワード:24KB)様式(一太郎:21KB)

出願審査請求書(記載例)JPG

※【手数料に関する特記事項】は必ず記載して下さい。

※書面による提出の場合は、押印又は識別ラベルの添付が必要です。また、電子化手数料が別途かかります。

(2)特許料納付書(記載例)(様式(ワード:24KB)様式(一太郎:20KB)

特許料納付書(記載例)

※第4年分以降の特許料のみを納付する場合は、【出願番号】欄を【特許番号】欄に変更し、「【特許番号】 特許第○○○○○○○号」のように記載します。また、【特許出願人】欄を【特許権者】欄に変更します。

※【特許料等に関する特記事項】は必ず記載して下さい。

(3)共同出願の出願審査請求書(記載例)

共同出願の出願審査請求書(記載例)

※【手数料に関する特記事項】の欄には、減免を受ける者について「減免を受ける旨」、「減免を受ける者」及び「その者の持分の割合」をそれぞれ記載します。

※【その他】の欄に正規の納付金額に対する持分の割合を乗じて得た額を合算して得た額の割合を記載します。

※持分を証する書面(出願人全員が押印した原本)の提出が必要となります(既に提出している場合は、その書面を援用することで、提出を省略できます。)。「出願審査請求書」をオンラインで提出する場合は、オンライン提出とあわせて持分を証明する書面を「手続補足書」に添付して書面で御提出ください。

(4)共同出願の特許料納付書(記載例)

共同出願の特許料納付書(記載例)

※【特許料等に関する特記事項】の欄には、減免を受ける者について「減免を受ける旨」、「減免を受ける者」及び「その者の持分の割合」をそれぞれ記載します。

※【その他】の欄に正規の納付金額に対する持分の割合を乗じて得た額を合算して得た額の割合を記載します。

※持分を証する書面(出願人全員が押印した原本)の提出が必要となります(既に提出している場合は、その書面を援用することで、提出を省略できます。)。持分を証する書面の提出に当たっては、特許料納付書を書面にて御作成いただき、持分を証する書面を添付して御提出いただくことをおすすめいたします(特許料納付書を書面で提出しても、電子化手数料は不要です。)。

[更新日 2014年4月16日]

審査請求料、特許料等の軽減措置のお問い合わせ先について

具体的案件に関するお問い合わせ先

審査請求料

特許庁審査業務部審査業務課方式審査室

(国際出願以外)

電話:代表 03-3581-1101 内線2616

お問い合わせフォーム

 

(国際出願)

電話:代表 03-3581-1101 内線2644

お問い合わせフォーム

 

特許料

特許庁審査業務部審査業務課登録室

電話:代表 03-3581-1101 内線2707

お問い合わせフォーム

 

手続等一般的なお問い合わせ先

(独)工業所有権情報・研修館相談部

電話:代表 03-3581-1101 内線2121, 2122, 2123

お問い合わせフォーム

 

この記事に関するお問い合わせ先

特許庁総務部総務課調整班

電話:代表 03-3581-1101 内線2105

お問い合わせフォーム