• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

メキシコ産業財産法の改正(参考訳)

  1. メキシコ産業財産庁(以下、IMPI)は、世界知的所有権機関国際事務局(以下、WIPO)に対し、2018年8月10日より施行したメキシコ産業財産法の改正に関する情報を提供し、マドリッド制度ユーザーへの周知を依頼しました。
  2. IMPIによる通知は以下の通りです。
     
    「実際に効果的な使用の宣言」
    メキシコ産業財産法の改正により、権利者は各標章の実際に効果的な使用の宣言をする公式様式を、IMPIに直接、提出する必要があります。
    この義務は異なるタイミングで2回生じます。
    • a) 標章の更新の申請の提出時
      更新の申請の提出時に、権利者は「実際に効果的な使用の宣言」を申請する義務が生じます。
      マドリッド議定書7条に基づき更新された国際登録に関して、権利者は更新通知がWIPOから出された後3ヵ月以内にIMPIへ直接、標章の実際に効果的な使用を宣言しなければいけません。
      この義務は、マドリッド議定書3条の3に基づきメキシコに保護範囲を拡張した登録に関するものを含む2018年8月10日以降に申請された全ての更新申請に適用されます。
      この義務は改正を施行するため発行された第二規則に規定するものとします。
      この要件に従わない場合、標章の保護はIMPIにより職権で取り消しとなります。
    • b) 標章が登録された日から3年に達した日より3ヵ月以内
      この義務は、2018年8月10日以降に登録になった全ての標章に適用されます(各出願の出願日が2018年8月10日以前のものを含む)。この義務は国際登録の標章に関しても適用されます。
      マドリッド議定書3条3に基づき国際登録の保護の範囲がメキシコへ拡張された場合、権利者はメキシコでの登録が認容された日から3年後を起算日とした3カ月以内に実際に効果的な使用を宣言しなければなりません。
      この要件に従わない場合は、標章の保護はIMPIにより職権で取り消しとなります。
      さらに、「実際に効果的な使用の宣言」において、権利者は標章の使用が宣言された商品または役務を表示しなければなりません。標章登録の保護は実際に効果的な使用が宣言された商品または役務について継続します。
      加えて、「実際に効果的な使用の宣言」を申請する両方のケースにおいて、権利者は必要な料金の支払いの提出のみ要求され、標章の使用を証明する証拠に関しての義務は生じません。
      標章の実際に効果的な使用の宣言は、メキシコ在住の授権代理人又は法定代理人を介して提出しなければなりません。通知のため、国内の住所が必要となります。

メキシコ産業財産法の改正に関する詳細につきましては、以下のWIPO Information Notice No.13/2018をご参照下さい。

2018年9月21日

[更新日 2018年10月11日]

お問い合わせ

特許庁国際意匠・商標出願室

電話:03-3581-1101 内線:2671, 2672

FAX:03-3580-8033

お問い合わせフォーム