• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 国際出願 > 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願に関して > PCT国際出願手続について > 条約第19条・34条の規定に基づく「請求の範囲」の補正方法

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

条約第19条・34条の規定に基づく「請求の範囲」の補正方法

~2009年7月から「請求の範囲」全文を差替え用紙として提出することになりました~

(1)「請求の範囲」を補正するには

1)条約第19条の規定に基づく補正の場合:

英語又は仏語の書簡(以下「書簡」という。)に補正後の「請求の範囲」全文を添付して、所定の期間内に国際事務局へ提出します。

2)条約第34条の規定に基づく補正の場合:

「手続補正書(法第11条の規定による補正)」に補正後の「請求の範囲」全文を添付して、所定の期間内に日本国特許庁へ提出します。

(2)手続補正書(書簡)の作成方法

1) 補正の形式

  • a 「請求の範囲」を補正する場合には、補正後の請求の範囲全文を記載したものを、差替え用紙として提出しなければなりません。
  • b 手続補正書の「補正の内容」欄(19条補正の場合は書簡)に、出願時の請求の範囲と補正後の請求の範囲の相違点を記載します。
  • c 補正により請求の範囲が削除される場合、手続補正書の「補正の内容」欄(19条補正の場合は書簡)にその旨を記載します。

2) 差替え用紙の頁番号

  • a 補正により用紙が追加される場合
    追加される用紙の頁番号は、出願時の請求の範囲の最終頁番号に斜線及びアラビア数字(1~)を付したものとします。
    • (例:出願時18~19頁2枚だった請求の範囲が、全文補正により4枚となった場合、頁番号の記載は次のようにします。
      1枚目;18、2枚目;19、3枚目;19/1、4枚目;19/2)
  • b 補正により用紙枚数が減る場合
    削除される用紙については、差替え用紙の添付を必要としません。

※上記「請求の範囲」の補正以外については、これまでと変更はございませんのでご注意ください。

(3)上記「請求の範囲」の補正の一例

補正前の請求項より増えた請求項について

(注1)補正を行った項には、項番と本文の間に「(補正後)」、「(削除)」、「(追加)」の表示をする。

(注2)請求の範囲の補正は、請求の範囲全文で行う。

(注3)請求項の「(追加)」は、補正前の請求項より増えた請求項について記載する。

[更新日 2013年7月1日]

お問い合わせ

審査業務部出願課国際出願室受理官庁

電話:03-3581-1101 内線:2643

お問い合わせフォーム