• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

各指定国の国内移行期限について

平成28年2月

PCT国際出願の国内移行期限は、条約上、原則として優先日から30か月です(PCT第22条、第39条)。各指定国の国内移行期限は以下のWIPOホームページで確認することができます。

各指定国の国内移行期限リスト

WIPOホームページ;http://www.wipo.int/pct/en/texts/time_limits.html(英語)

PCT出願人の手引(National Chapter :指定国別国内移行手続情報)

WIPOホームページ;http://www.wipo.int/pct/en/appguide/index.jsp(英語)

【注意】国内移行期限を「優先日から20(又は21)か月」としている国について

PCT第22条(1)の改正(2002年4月1日発効)により、国際出願の国内移行期限は、「優先日から20か月」から「優先日から30か月」に変更されました。

ただし、本改正内容が国内法令に適合しない場合、経過規定を適用することが認められています。この経過措置を適用し、現在も国内移行期限を「優先日から20(又は21)か月」としている指定国は、以下の国及び地域です。国内移行の際にはご注意下さい。

  • ルクセンブルク(20か月)
  • タンザニア(21か月)
  • ウガンダ(21か月)
(2016年2月現在)

なお、上記指定国へ移行する場合であっても、以下の手続を行うことにより、国内移行期限は優先日から30(又は31)か月となります。

  • ルクセンブルク(30か月)
  • タンザニア(31か月)
  • ウガンダ(31か月)
(2016年2月現在)

<手続>

  • 優先日から19か月以内に国際予備審査請求を行う(PCT第39条)
  • これらの国を締約国又は同盟国とする広域官庁(欧州特許庁(EPO)又はアフリカ広域知的所有権機関(ARIPO))に移行し、当該国において広域特許等が保護されることを求める。

これらの国・地域については、今後、経過措置が撤回される可能性があります。最新情報については、WIPOホームページで確認することをお奨めいたします。
WIPOホームページ;http://www.wipo.int/pct/en/texts/reservations/res_incomp.html

その他参考情報

デンマーク(デンマーク領グリーンランド含む)は、PCT第22条(1)に基づく国内移行期限を原則優先日から31か月とし、デンマーク領フェロー諸島については優先日から20か月とする特例を適用していましたが、2015年5月2日より同諸島を含むデンマーク全域について国内移行期限は優先日から31か月となりました。また、これまで同諸島における保護を求める場合、デンマーク語による翻訳文の提出が必要でしたが、同日より、デンマーク語だけでなく、英語による翻訳文の提出も可能となりました。
詳細な情報については、デンマーク特許商標庁等にお問い合わせ下さい。

デンマーク特許商標庁のホームページ;

http://www.dkpto.org/ip-law--policy/international-patenting/information-regarding-pct-applications.aspx

[更新日 2016年2月12日]

お問い合わせ

総務部国際協力課国際出願企画班

電話:03-3581-1101 内線2576

お問い合わせフォーム