• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 国際出願 > 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願に関して > PCT国際出願手続について > PCT国際出願のインターネット出願における字形表示の差違について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

PCT国際出願のインターネット出願における字形表示の差違について

平成24年6月

PCT-SAFE build 224及びインターネット出願ソフトVer.[i1.74]から、国際出願のPDFを作成する際のフォントがMSフォント(JIS X 0208)からIPAフォント(JIS X 0213)に変更されました。

これに伴い、WindowsXPでエディタやWordなどにJIS X 0208対応のフォントが選択されている場合は、ビューア表示(PDF表示)において、一部の漢字の表示に差異が生じます。(変更が生じる漢字については「JIS漢字コード表の改正について」の付表(外部サイトへリンク)を御参照ください。)

これらの漢字は、字形は異なるものの、文字コードは同じであるため、国際事務局及び特許庁はこれらを同じ文字として扱います。

したがって以下の点について御注意ください。

  1. 国際公開PDFはIPAフォントで表示されます。
  2. 出願後に例えば、「二点之の「つじ」」を「一点之の「つじ」」に変更する届出(PCT規則92の2.1に基づく氏名変更届等)を提出しても、国際事務局及び特許庁は記録の変更をしません。同じ文字として扱うので、記録の変更を届け出る必要はありません。
  3. 特許庁では、インターネット出願ソフトの国際出願機能はIPAフォントを、その他はMSフォント(JIS X 0208)を採用しています。そのため、各書類やビューア表示において、漢字の字形が異なることがあり得ますが、特許庁は同じ文字として扱っており、当該字形表示の差異で出願人が不利益を被ることはありません。

字形表示に差違が生じる例

二点之「つじ」

(二点之の「つじ」)

JIS X 0213

一点之「つじ」

(一点之の「つじ」)

JIS X 0208

[更新日 2013年7月1日]

お問い合わせ

審査業務部出願課国際出願室受理官庁

電話:03-3581-1101 内線2643

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。