• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

【重要】国際出願関係手数料の納付方法の変更(4月1日以降)

平成27年2月

平成27年4月1日以降に受理されたPCT国際出願及び国際予備審査請求に係る手数料の納付方法が変更されます。

納付方法が変更される手数料とその納付方法は以下のとおりです。

1. 国際出願に係る国際出願手数料、国際調査機関(欧州特許庁(EPO))に対する調査手数料

1) 電子出願ソフトを利用して国際出願時に納付する場合

平成27年4月1日以降にオンライン出願ソフトを利用して出願をするには、納付方法の変更に対応した出願ソフトをインストールする必要があります。納付方法の変更に対応した出願ソフトの入手については電子出願ソフトサポートサイト(外部サイトへリンク)PCT-ROインターネット出願支援サイト(外部サイトへリンク)を御覧ください。

新しい出願ソフトでは、国際出願手数料、欧州特許庁が国際調査機関である場合の調査手数料について「銀行口座への振込み」を選択することはできません。手数料の「支払い」タブにおいて、予納、現金納付、電子現金納付、口座振替のいずれかを選択してください。特許印紙により納付する場合は「電子現金納付」を選択の上、電子現金納付番号の欄は空欄のまま出願し、出願から1月以内に「手数料納付書(国際出願に関する手数料の納付)」で納付してください(以下「3) 出願後に納付する場合」を参照)。

<インターネット出願ソフトの支払方法の選択画面>
インターネット出願ソフト

<PCT-SAFEの支払方法の選択画面>
日本語出願の場合
PCT-SAFE 日本語出願

英語出願の場合
PCT-SAFE 英語出願

注意1)産業競争力強化法に基づく軽減申請をする場合は、いずれの手数料も予納による支払いはできませんので御注意ください。

注意2)出願書類の変更を行った場合や署名者を多く追加した場合は出願書類の頁数に変更が生じ、納付額が変更される可能性があります。電子現金納付を利用する場合は、納付番号取得前に、署名後の出願書類の頁数と納付額を確認してください。

2) 書面による国際出願時に納付する場合

特許印紙による納付の場合は、送付手数料、調査手数料、国際出願手数料の納付額の特許印紙をA4用紙に貼り付け、その下部に「送付手数料、調査手数料、国際出願手数料 ○○○○○円」と記載し、願書に添付して出願してください。貼付例(PDF:38KB)
予納による納付の場合は6桁の予納台帳番号を、電子現金納付による納付の場合は送付手数料、調査手数料、国際出願手数料の振込みに利用した16桁の納付番号を手数料計算用紙に記載します。

注意)産業競争力強化法に基づく軽減申請をする場合は、予納による支払いはできませんので御注意ください。

3) 国際出願後に納付する場合

手数料納付書に送付手数料、調査手数料、国際出願手数料の納付額の特許印紙を貼付するか、送付手数料、調査手数料、国際出願手数料の振込みに利用した16桁の電子現金納付番号を記載して提出します。

2. 国際予備審査請求に係る取扱手数料

1) 国際予備審査請求と同時に納付する場合

特許印紙による納付の場合は、予備審査請求料及び取扱手数料の納付額の特許印紙をA4用紙に貼り付け、その下部に「予備審査請求料、取扱手数料 ○○○○○円」と記載し、予備審査請求書に添付して提出してください。貼付例(PDF:38KB)
電子現金納付による納付の場合は予備審査請求料及び取扱手数料の振込みに利用した16桁の納付番号を手数料計算用紙に記載します。

2) 国際予備審査請求後に納付する場合

手数料納付書に予備審査請求料及び取扱手数料の納付額の特許印紙を貼付するか、予備審査請求料及び取扱手数料の振込みに利用した16桁の電子現金納付番号を記載して提出します。

※過誤納返還請求について

平成27年4月1日以降になされた国際出願又は予備審査請求に係る手数料であるにも関わらず、誤って銀行口座への振込みを行ってしまった場合、及び、平成27年3月31日以前になされた国際出願又は予備審査請求に係る手数料の過誤納返還請求は、いずれも特許庁宛過誤納返還請求書(ワード:73KB)を提出してください。

※国際出願の取下げに伴う返還請求について

平成27年4月1日以降になされた国際出願を、国際事務局への国際出願の写しの送付前に取り下げた場合は、調査手数料とあわせて国際出願手数料を返還請求することが可能です。返還請求を行う場合は特許庁宛に既納手数料返還請求書(ワード:75KB)を提出してください。
平成27年3月31日以前に国際出願したものについては、従来どおり国際出願手数料返還請求書(ワード:69KB)により返還請求を行ってください。

[更新日 2015年6月5日]

お問い合わせ

審査業務部出願課国際出願室受理官庁

電話:03-3581-1101 内線2643

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。