• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 国際出願 > 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願に関して > PCT国際出願手続について > 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願に対する第三者情報提供制度の導入について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

特許協力条約(PCT)に基づく国際出願に対する第三者情報提供制度の導入について

平成24年8月

平成24年(2012年)7月から、特許協力条約(PCT)に基づく国際出願に対する新規性又は進歩性に関する第三者情報提供制度が導入されました。

この制度を利用した情報提供は、国際公開以降、優先日から28か月までの間にWIPO国際事務局が提供する電子システム(※1)を通して行うことができます。匿名で情報提供を行うことも可能です。情報提供は国際公開の言語(※2)で行いますが、先行技術文献の写しについてはいかなる言語でも提出可能です。ただし、提供できるのは、国際出願の請求の範囲に係る発明の新規性又は進歩性に関する情報に限られます。

※1:以下のURLを御参照下さい。

https://pct.wipo.int/LoginForms/epct.jsp(外部サイトへリンク)

※2:PCTにおける国際公開の言語は以下のとおりです(PCT規則48.3(a))。

アラビア語、英語、スペイン語、中国語、ドイツ語、日本語、韓国語、ポルトガル語、フランス語、ロシア語

提供された情報は、WIPO国際事務局から出願人及び関係国際機関(国際調査機関、補充国際調査のために指定された国際調査機関及び国際予備審査報告作成前の国際予備審査機関(それぞれ、WIPO国際事務局が、国際調査報告、補充国際調査報告及び国際予備審査報告を受領していない場合))へ送付されるとともに、一般にも閲覧可能となります(ただし、提出された先行技術文献の写しを除く)。

出願人は、優先日から30か月までの間に、提供された情報に対するコメントをWIPO国際事務局へ提出することが可能です。提出された出願人からのコメントも、WIPO国際事務局から関係国際機関へ送付されるとともに、一般にも閲覧可能となります。

また、優先日から30か月を経過すると、第三者により提供された情報や出願人からのコメントは、指定官庁へも送付されます。

第三者情報提供制度に関する規定は、PCT実施細則第8部<PDF 335KB>(外部サイトへリンク)を御参照ください。
また、情報提供のための手続の詳細は、以下のWIPOホームページの第三者情報提供ユーザガイドを御覧ください。

英語版:http://www.wipo.int/pct/en/epct/pdf/epct_observations.pdf<PDF:1.52MB>(外部サイトへリンク)
日本語版:http://www.wipo.int/export/sites/www/pct/ja/epct/pdf/epct_observations.pdf<PDF:2.56MB>(外部サイトへリンク)

以下のWIPOホームページのFAQも合わせて御覧ください。

英語版:http://www.wipo.int/pct/en/faqs/third_party_observations.html(外部サイトへリンク)
日本語版:http://www.wipo.int/pct/ja/faqs/third_party_observations.html(外部サイトへリンク)

[更新日 2016年2月22日]

お問い合わせ

総務部国際政策課国際出願企画班

電話:03-3581-1101 内線 2576

お問い合わせフォーム

 

審査第一部調整課審査基準室

電話:03-3581-1101 内線 3112

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。