• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

国際出願に係る手数料の軽減措置の申請手続について

平成26年3月

平成28年4月更新

産業競争力強化法に基づく特許料等の軽減措置により、中小ベンチャー企業や小規模企業が特許協力条約に基づく国際出願を行う場合の「調査手数料・送付手数料」、国際予備審査請求を行う場合の「予備審査手数料」について、1/3とする軽減措置が受けられます。

1.対象者

軽減措置の対象者は、特許協力条約に基づく国際出願をする日において、出願人全員が以下の要件に該当する場合です。

(1)個人事業主の場合(以下のいずれかに該当すること)

  • a. 従業員20人以下(商業又はサービス業は5人以下)の個人事業主
  • b. 事業開始後10年未満の個人事業主

(2)法人の場合(以下のいずれかに該当すること)

  • c. 従業員20人以下(商業又はサービス業は5人以下)の小規模企業(法人)
  • d. 設立後10年未満で資本金3億円以下の法人
    (c.及びd.については、大企業の子会社など支配法人のいる場合を除きます。)

2.対象手数料

  • 平成26年4月1日以降に日本語でされた国際出願の「調査手数料・送付手数料」
  • 平成26年4月1日以降に日本語でされた国際出願について、国際予備審査請求をした場合の「予備審査手数料」

3.軽減措置の内容

  • 調査手数料、送付手数料・・・1/3に軽減(※)
  • 予備審査手数料・・・1/3に軽減(※)

(※)1/3に軽減後の額に端数が生じた場合は、10円未満は切り捨てます。

4.申請手続

国際出願に係る手数料軽減申請書に必要事項を記入の上、該当する証明書類を添付し、出願課国際出願室受理官庁に提出してください。

(1)詳細申請手続

申請方法

国際出願の願書又は予備審査請求書に、軽減申請書又は軽減申請書の写しを添付して提出してください。

なお、国際出願又は予備審査請求時に、申請書又は申請書の写しの添付がない場合は、手続後に申請書を提出しても、軽減措置の申請は一切認められません。

  1. 書面で国際出願又は予備審査請求をする場合
    ・・・申請書原本及び証明書類を添付して手続を行ってください。
  2. オンラインで国際出願又は予備審査請求をする場合
    ・・・申請書の写し(イメージデータ)を提出してください。
    オンライン手続後、速やかに申請書原本及び証明書類の原本を持参又は郵送にて提出してください。

イメージデータの提出方法

PCT-SAFEの場合

インターネット出願ソフトの場合

「願書又は予備審査請求書の手数料計算用紙の記載方法

手数料計算用紙の調査手数料及び送付手数料の欄は、軽減申請後の額を記載してください。特に、オンライン出願で予納や口座振替を利用される場合は、手数料計算用紙に記載した金額が口座から引き落とされますので、オンライン出願時に手数料テーブルを修正し、軽減後の金額を記載するよう注意してください。

手数料テーブル修正方法

PCT-SAFEの手数料テーブル修正方法

インターネット出願ソフトの手数料テーブル修正方法

(2)提出書類

国際出願に係る手数料軽減申請書(様式(ワード:25KB)記載例(ワード:33KB)

(3)添付書類

対象者の要件に応じて以下の証明書類を申請書に添付して提出してください。

要件

提出する書類

a.小規模の個人事業主

b.事業開始後10年未満の個人事業主

  • 事業開始届(個人が新たに事業を始めたときに納税地を所轄する税務署長に提出する書類)の写し

c.小規模企業(法人)

会社(株式会社等)

協同組合(出資を有する場合)

資本又は出資を有しない法人(財団法人、社団法人等)

d.設立後10年未満で資本金3億円以下の法人

会社(株式会社等)

  • 定款又は法人の登記事項証明書
  • 法人税確定申告書別表第2の写し又は株主名簿・出資者の名簿

協同組合(出資を有する場合)

  • 定款又は法人の登記事項証明書
  • 法人税確定申告書別表第2の写し又は株主名簿・出資者の名簿

資本又は出資を有しない法人(財団法人、社団法人等)

  • 前年度の貸借対照表
  • 定款(寄附行為)又は法人の登記事項証明書

(※)証明書類について、本軽減措置手続の他、特許法施行令第15条又は特許料等関係手数料令第1条の3の手続において、既に特許庁長官に提出した証明書類に変更がない場合は、証明書類を援用することが可能です。

(※)「小規模企業者の要件に関する証明書」には、国際出願番号が記載されているため、他の出願における申請に援用することはできません。また、国際出願促進交付金の申請で提出した「小規模企業者の要件に関する証明書」とは、記載する文言が異なるため、それを軽減の申請で援用することもできません。ただし、出願時に調査・送付手数料の軽減申請をした国際出願について、予備審査請求の軽減申請をする場合は出願時に提出した「小規模企業者の要件に関する証明書」の援用が可能です。

(※)法人税確定申告書別表第2の写し又は株主名簿・出資者の名簿において証明される他の法人に支配されていないこととは、次のア.及びイ.に該当していることを指します。

  • ア. 申請人以外の単独の法人が株式総数又は出資総額の1/2以上の株式又は出資金を有していないこと。
  • イ. 申請人以外の複数の法人が株式総数又は出資総額の2/3以上の株式又は出資金を有していないこと。

(※)資本又は出資を有しない法人の場合については、前事業年度末の貸借対照表に計上されている総資産の帳簿価額から 当該貸借対照表に計上されている総負債の帳簿価額を控除した金額(当該貸借対照表に、当該事業年度に係る利益の額が計上されているときは、その額を控除した金額とし、当該事業年度に係る欠損金の額が計上されているときは、その額を加算した金額とする)の百分の六十に相当する金額が3億円以下であることが必要です。

(4)提出先

〒100-8915 東京都千代田区霞が関三丁目4番3号

特許庁出願課国際出願室受理官庁

5.軽減対象手数料の納付方法

平成28年3月31日までは予納が利用できませんでしたが、平成28年4月1日以降に行う軽減申請では予納が利用可能となりました。

6.その他

本記事は、特許協力条約に基づく国際出願に係る「調査手数料・送付手数料」及び「予備審査手数料」について、産業競争力強化法に基づく軽減措置を受けるための手続を解説しています。必要に応じて特許料等の減免制度に関するQ&A(中小ベンチャー企業・小規模企業等)も御覧ください。
その他の手数料に関する軽減措置の手続につきましては、「中小ベンチャー企業、小規模企業を対象とした審査請求料・特許料の軽減措置について」を御覧ください。

また、特許協力条約に基づく国際出願に係る「国際出願手数料」及び「取扱手数料」の国際出願促進交付金の交付を受けるための手続の詳細につきましては、以下の記事を御覧ください。

上記とは別に、中小企業を対象に、特許協力条約に基づく国際出願の国内移行にかかる費用(弁理士費用等も含む)の半額を助成する補助金の制度もあります。この補助金では、パリ条約、マドリッド協定議定書等に基づく外国特許庁への出願にかかる費用についても補助対象となります。詳細は中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業外国出願支援事業)を御覧ください。

[更新日 2016年4月1日]

お問い合わせ

特許庁出願課国際出願室受理官庁

電話:03-3581-1101 内線:2643

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。